FC2ブログ

Staff Blog・Event

CLUB ZENITHのスタッフが、技術的なお役立ち情報や日々の出来事・個人的な欲求・各種ネタ等を、赤裸々に綴っております。

Category: [整備]

ん~これは。

エイプ50、結局全バラになる訳なんですけども。

息を飲む状況です。乳化したオイルがべっとり
DSC_0061_2020062910451372e.jpg

金属粉がたっぷりすぎるカムホルダーまわり
DSC_0064_20200629104513999.jpg

そして、そのオイルが落ちてくるカムチェーン側のケース内はたまらん状態です
DSC_0068_2020062910451487e.jpg

これだけスラッジまじりのオイルが回ったエンジンは全バラです
DSC_0069_20200629104946522.jpg

地味に衝撃なのがオイルストレーナーの金網が付いていないって事でした。
DSC_0065_20200629104948452.jpg
粉々になった形跡も無いし、どうした?

オリフィスに何か詰まってるかな?と思ったけど詰まってる訳じゃなかった。オイル経路とは逆側からエア吹いたんだけど何も無く
DSC_0067_202006291049497b7.jpg

そうそう、だいたいエンジンマウントシャフトが通る部分のノックピンは錆びてるんでクランクケース分割するのって大変よ。錆でくっついてるから。力任せにひっぱたいてケース割っちゃう事にならないように時間をかけて分割して下さい。
DSC_0071_202006291053227dc.jpg

ぜ~んぶ洗浄したら、何が再利用できて、何が交換なのかを選別しなきゃなりません。
なんでもかんでも交換!が一番簡単ですけど、予算ってものは誰しもございますのでね。
その部品の値段と今後のリスクを天秤にかけて判断するのですけども。

数値上はイケてるピストン。←でもエンジン内の状況を考えると交換しちゃいたいな~が交錯する部分
DSC_0073_20200629105609dc3.jpg DSC_0077_202006291056094cd.jpg


と思ったら生産中止

シリンダーとのクリアランスも使用限度まで0.01・・・。ピストン単体数値は使用限度範囲にあるので、どちらかというとシリンダー側が減ってる傾向。スリーブ内面も染み?剥離?があるので、これは交換対象。今後使うにはリスクが高いです。
エイプはピストン交換もエンジンを降ろさなくては出来ないので、再度その作業をするのは費用的にもお得だとは言えないよね。
DSC_0074_20200629105609b6d.jpg DSC_0075_20200629105608061.jpg

カムチェーンテンショナーもそりゃ減るよね。
DSC_0076_20200629105609e16.jpg

もちろん交換な訳ですが、納期9月だと!?
通勤に使ってるんやぞ・・・

オイルポンプは無事でした。なぜかって言うとエンジンオイルが極端に少なかったので、金属交じりのエンジンオイルも吸い上げる程の油面では無かったって事でしょう。て事は徐々に無くなったって言うよりは・・・
DSC_0081_202006291110157ee.jpg DSC_0080_20200629111015f69.jpg

カムホルダー、ヘッドはジャーナル部死亡につき交換ですね。ヘッド側ジャーナル部はめくれちゃってるぐらいですから。
DSC_0078_20200629111332c3e.jpg DSC_0082_20200629111334a27.jpg

頭の潰れたバルブは 潰れる=膨らむ ですのでガイドから抜けません。どのみち交換です。
DSC_0083_2020062911133616e.jpg

ロッカーアームシャフトは爪がひっかかるぐらいかじってるので交換対象
DSC_0079_20200629111333a47.jpg

エキゾーストバルブはギリ使えない判定!
DSC_0085_202006291118100d8.jpg

バルブスプリングも使用限度外でした。ノーマルなのでそんなに高回転回らないし、くたくたのバルブスプリングも嫌いじゃないんだけどね。自分のバイクなら使うけどお客さんに当てはめるのはリスク高すぎ(笑)交換となります。
DSC_0086_20200629111811bd2.jpg DSC_0087_20200629111810b46.jpg

ちなみにカムシャフトも生産中止です。50だけかと思ったら100カムも生産中止です。社外品から選ぶしかないっす。

メーカーはお客さんに長く乗ってもらう気がないのでしょうか?

業務連絡となりますが、オーナー様は内容を読みましたらご一報下さいませ。
修理の方向性を考えましょう。



↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [整備]

これもなかなか・・・

もっぱら当たりクジばかりを引いてる感があります。

こちらのエイプ
DSC_0054_202006201334025e9.jpg

入庫した時から尋常じゃない音がエンジンから・・・

タペット調整なんかはやってくれたみたいで、でもすぐにまたガチャガチャと異音が発生してしまうんだと。


ヘッドカバーを開けた段階でやばい汚れ 金属量の多いオイルがべっとり
DSC_0055_202006201334039ac.jpg

バルブの先っぽがくぼむほど減ってるねぇ
DSC_0056_20200620133405b3b.jpg

カムシャフトとジャーナル部にすげぇ隙間空いてるじゃないの!!
DSC_0057_20200620133406d01.jpg

カムが上下に動きます・・・

そしてエンジンオイル入ってなかったし・・・いつから?

さてどうしようか相談ですね。 ↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [整備]

そんなつもりじゃなかったのに

1982 FLH

オイル漏れが激しかったのでガスケット交換だけのつもりでした。

予算的にも。

ある程度の事は目をつぶってになっちゃうよ?とは言っておりましたが。


エンジンは以前にショップさんでオーバーホールをしているとも聞いておりました。

放置期間が長かったため、ガスケット硬化かねぇ~なんて話をしてたんですけど。



ガスケットは確かに硬化してました。オイル漏れはそれが原因でしょう。


目をつぶっていられなくなりました。
DSC_0047_2020061921331555d.jpg

ピストンスカートに変な痕が付いてますね・・・

嫌ですね・・・

触った感じで凹んでますね・・・




DSC_0050_20200619213318a21.jpg

スリーブに溶接痕?



クレイジーな事になってますけど・・・
DSC_0049_20200619213317e7b.jpg


これはヤバいでしょ~

よ~く見るとスリーブの隙間が目立つ部分とそうでない部分が・・・

純正シリンダーで010ピストン、スリーブは打ち替えたっぽいですけど

スリーブのはめしろミスって溶接しちゃったの?そんなやり方あるの?

万が一、そういった手法があるなら、こちらが無知なだけなんだが。

でもそうするなら溶接した後にボーリングなりホーニングなりやりません?

というかスリーブのはめしろミスった時点でやり直し案件。

なんでもそうですけど、人間の作業ですからミスってもんは無いとは言わないです。



やり直しかリカバリーかは内容によって判断するんだと思います。

この状態を見るに、一般のユーザーさんが一人で判断し得る内容では無いと思います。

もし一般の方が自分だけで判断したなら仕方が無いですけど・・・


これでも以前は走っていた車両です。

これで走っちゃうハーレーってすげーとか思わないで下さい。

しぶといから走っちゃうのは走っちゃうんですけども、それを良しとしてしまってはバイク屋さんの存在意義が無い。


こんな事してるからショベルは壊れるとか言われちゃうんじゃないですかね?

こういった直し方があるんだったらごめんなさい。

それでも僕は良い直し方だと思いません。


これを手にしてしまったお客様には気の毒ですが、目をつぶる内容では無かったです。

ドキドキしながらお見積りをお待ち下さいませ。
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [カスタム]

ハーネス

1974 FL1200

フルカスタム車両なので、メインハーネスって物が既製品で売ってるわけではありません。

1台1台、装着部品の配置が違いますんでね。

それに合わせて配線を引くんです。

配線図は頭の中です。

とは言ってもショベルヘッド程度だと国産車や新型車みたいに複雑じゃないですからね、わしの頭で足りるぐらい。系統によって使う色もほぼ決まってるしね。

センスは問われちゃう部分なので、無駄なく美しく、それでいてメンテナンス性に優れていて、僕以外の人が整備する時でもわかるように!

↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [中古車]

在庫車紹介

中古車検索と言えばGooBike

ただね、掲載台数に縛りがあるので在庫車が増えると掲載できない物が出てきます。

掲載台数を増やせば良いんですけど、そしたら今度は掲載枠が余ると言った無駄が出る
(当社の場合ですとスペースの問題で展示できる車両数も限られますので)

たまに掲載車両を入れ替えたりもしてますけど、事務作業をしていると寝てしまう病気にかかっているんです実は。


最近増えた車両をちょろっとだけ。

1975 FXE1200

_IGP2084.jpg

みんな大好きレインボーカラーですね。オリジナルペイントではござーせん。
オリジナル度も低い車両ですが、これから自分好みに改造したい人にはうってつけですね。
メインハーネスは社外新品を取り寄せて、引き直しました。

フロムアメリカ、国内未登録車となります。

詳細画像はBBBで確認して見て下さい。(こっちは掲載台数の縛りが無いのよ)
BBB 1975FXE1200


あと、1979 FLH80

_IGP2105.jpg

もともとは他店購入車両ですが、購入当初から大掛かりな作業は当店で作業させて頂いておりました。
予備検付きの現状販売で購入したはずですが、テールランプの配線は切られっぱなしでどうやって予備検通したの?状態。
いかがわしいですね~。

そんないかがわしい部分をコツコツと直しながら今に至る車両です。

最後の大きな作業は当店で腰上OH、OH後600km程度しか走行しておりません。まだ慣らし走行中だと思って下さい。
ヘッド回りもバルブガイド新規製作、もちろんステムシール付きですのでオイル下がり対策もOK
ヘッドもシリンダー面も面出ししてあります。↓この車両やで


前オーナー様、腰痛悪化に伴い当店で引き取る運びとなりました。泣ける。

こちらも詳細画像はBBBで確認して見て下さい。
BBB 1979FLH80


てな感じで、当社の在庫検索は全車掲載しているBBBをご覧いただくのがベストです。
検索上位にGooBikeが出てくるのでBBBの存在が知られていないのが悲しい所ですね。
BBBは国内最大(級?)のオークション会社BDSが運営しておりますので、怪しいサイトでは無いですよ。
当社もBDSの会員です。というかほぼ全てのバイク屋さんが会員じゃないかっていうオークション会社です。

在庫に無い車両でもBDSで探せますので、ご希望の車種・ご予算を決めて相談して下さればだいたいあります
あまりにも安い車両をお探しのご相談はご遠慮下さい。誰も幸せになりません(笑)
ボロい物を平気な顔してそのまま売る事は出来ませんので、適切な初期投資をして安心できる車両に乗るお考えをお持ちの方はゼヒ。

ではでは。 ↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


PROFILE

CLUB ZENITH

Author:CLUB ZENITH


クラブゼニス
・千葉県船橋市宮本9-10-1
・ TEL 047-495-8198


クラブゼニスは1991年の創業以来、お客様への安心と信頼をお届けする事をモットーとして、国土交通省関東運輸局の認証を得た店舗にて、Harley-Davidsonを始め、国内外オートバイの車両販売、買い取り、カスタム車の製作、車検、修理、レストア、金属加工、各種保険などをお取り扱いしております。
みなさまのご来店をお待ちしております。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2020