FC2ブログ

Staff Blog・Event

CLUB ZENITHのスタッフが、技術的なお役立ち情報や日々の出来事・個人的な欲求・各種ネタ等を、赤裸々に綴っております。

Category: [日記]

TL1000S Fフォークメンテナンス

ジャンボ!今日はまた寒い一日になりそうですね。

今回は車検のため整備をしていましたTL1000Sを少々。


オーナー様の希望でフロントフォークオイルの交換です。
使用オイルはスズキ純正L-01、RMなどのレーサーにも使用しているやつですね。

正立タイプと違い、ほぼ全バラ状態の倒立フォーク

20070129114221.jpg

(ダンボールの上ですいません)

インナーチューブの中をパーツクリーナーで洗浄、シール交換は無しなのでインナー・アウターの間は洗浄しませんでした。パーツクリーナーのシール攻撃性を考慮しての事なので手抜きではありません(笑)フォークオイルをアウターチューブ上面まで泡立てないようにゆっくりと注ぎ、インナーロッドを数回ストロークしてエア抜きをしてその後、最圧縮して、まt・・・以下省略

エア抜きの頃合いを見計らい、再度上面までオイルを注いだあとは油面調整期で測定です。
20070129115622.jpg

油面測定器は若かりし頃自作したもの(貧)

使い方は細い中空パイプをフォークの中に差して(規定値)後は浣腸機注射器?でチューッと抜くだけ。これでフォーク上端から規定mmの油面になるわけです。
ちなみにこのTL1000Sの油面は上端から100ミリ。

整備前にフォークの動きが・・・なんてお話がありましたのでオイルシールの内側にグリスを薄~く塗りました。
20070129122201.jpg


そのグリスは一昔前に流行ったアレですよ!
20070129122537.jpg

なんとこのグリス、チェーンやフォークシール作動面に使ってもOKなんですよ!

初期作動が格段に良くなります。その他こんなモノあんなモノも良いカンジにグッジョブしてくれます♪

こういう部分のオイルシールはオイルを漏らしてはいけないという性格上、ややきつめに作られているもんです。そのために動きがちと渋い時があります。もちろん経年変化や劣化も含まれますけどね。

こういった感覚的な部分を一つ一つ整備していくとやがてそれは体感となって乗り手に伝わるんです♪


工場長
スポンサーサイト



↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


PROFILE

CLUB ZENITH

Author:CLUB ZENITH


クラブゼニス
・千葉県船橋市宮本9-10-1
・ TEL 047-495-8198


クラブゼニスは1991年の創業以来、お客様への安心と信頼をお届けする事をモットーとして、国土交通省関東運輸局の認証を得た店舗にて、Harley-Davidsonを始め、国内外オートバイの車両販売、買い取り、カスタム車の製作、車検、修理、レストア、金属加工、各種保険などをお取り扱いしております。
みなさまのご来店をお待ちしております。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2007