FC2ブログ

Staff Blog・Event

CLUB ZENITHのスタッフが、技術的なお役立ち情報や日々の出来事・個人的な欲求・各種ネタ等を、赤裸々に綴っております。

Category: [整備]

R&P終わりました

作業完了しましたよ!

画像 001

今回はお客様に中古エンジンを持ち込んでいただいての作業になりました。
ご予算の都合もありますので分解できる範囲で良い方を使いました。

もともとのエンジンはクランクシャフトのコンロッド部のベアリングがいかれてピストンが振られまくって焼きついていました。↓な感じね。
画像 002

でさっそくお持込みいただいたエンジンをチェック!
もともとクラッチレリーズを交換する予定でしたのでカバーを開けます。
ちょっと水分の混入が見られますが、スラッジ等はあまり無いようで見た目はきれいです。
画像 004

オイルポンプは社外品が付いていますのでこのまま使用します。デメリットもありますが街乗り派の方には良いでしょう。
画像 005

クラッチハウジングは段つきがありますが、もともとのエンジンの方が消耗してましたので良い方を使います
画像 006

クラッチプレート類は明らかに新しいエンジンの方が良いです。
画像 007
右がもともとのエンジン、左が新しいエンジンについていたクラッチ類

オイルストレーナーにはもっさりゴミがついていました。オイル行かなくなっちゃうので清掃して組んであります
画像 008画像 009

新しいエンジンもボアアップ済みとの事でした。吸気ポートから覗くとINバルブに錆が見られましたので
中がどうなってるか心配です・・・せっかく買ったエンジンを即破壊してはいけませんので開けさせていただきます!

確認してみるとバルブに見えた錆は拭って取れる程度でしたが・・・・・

ヘッドガスケットがおかしいですけどー
画像 011
ボアアップエンジンにノーマルヘッドガスケット

新しい試みだなぁ~・・・・

間違いですよね?間違ったんですよね?

いや間違えねぇだろ!普通は。

ボアアップキットに含まれてたでしょ、専用のガスケット。

赤丸の部分にクラックが入って、そのまま走ってたら破片が落ちて大変な事になります。

開けといて良かった・・・・。

シリンダーはホーニング痕がまだ見えますし、アタリはそれほどひどくはないので使用可能です
画像 012

ちなみにボア径を測定しますと(ざっとですから精密ではありませんが違いは分かっていただけると。)ノーマルとはかなりの違いです。
画像 013画像 014
青線がボアアップの径で赤線がノーマルガスケットの径です

新しいシリンダーヘッドです。よくある状態ですね。
画像 015

ピストンの状態も使用可能です
画像 016

シリンダーを外して気が付きましたが、ちゃんとクランクケースの合わせ面のガスケットを処理しないとこうなります。今回はほとんど症状が出ていませんでしたが、紙ガスケットをなめると焼きつきますよ。
画像 017画像 018
左図のシリンダーに付いた痕はガスケットに押されていた部分ですが、シリンダーが押されている部分ですのでその部分のスリーブがひずんでピストンとのアタリが強くなり、そこからカジリが発生する事があります。

確か組み付け説明書にもガスケットの処理ぐらいは書いてあったと思うんだけどなぁ。

前オーナーは説明書を熟読しなかったのかな?これがプロの仕事であって欲しくないので前オーナーが作業した事にしましょう。

ヘッドガスケットも間違って組んでありますからね。

さて、本題に戻りましょう

バルブはなんかイタズラしてあるんだよな~。ほんとに素人さんが組んだの?それともここだけお店にやってもらったの?
画像 019画像 020

でもポート加工は中途半端・・・・プロでは無い!?よね。
画像 021

もうちょっとガスケットの精度を上げてくれると良いんだけどなぁタケ○ワさん!オイルラインとガスケットの穴がずれるんだよな。カットしようにもカットできる幅も無いし、へたにカットして油圧が逃げる方が困るのでこのまま組んであります。ボクの車両もそれで今まで走っています。
画像 022画像 023

またガスケットの話に戻りますが、ボアアップ用はこれです。
画像 024

ピストンのカーボン汚れを取ったら少しだけガスケットによる打痕がありました。古いガスケットを重ねてみてもこれが原因だった事がわかります。
画像 026画像 027

オイル下がりをしていた訳ではありませんがバルブステムシールも新品にさせてもらいます
画像 028

スタッドボルトがスムーズに通らないと思ったらここのボルトにガスケットが入っていません。
そのためスタッド通路に必要以上にボルトが飛び出しスタッドボルトのネジ山部に干渉していました。
手持ちのガスケットを付けておきました。
画像 029画像 037


カムシャフトはタケガワのハイカムが入っていました。使用可能ですのでハイカムを組んであります。
画像 030

ヘッドとロッカーアームの消耗もまぁ使用可能です
画像 031画像 032

ちゃんとトルクレンチ使ってね♪
画像 033

オイルはたっぷり塗ってください
画像 034

タペットも再調整してあります
画像 035

オイルクーラー用のアダプターが付いてましたが、ここはメクラボルトを用意しました。
画像 036

エンジンが完成しましたので搭載です。

エンジン単体の写真どこいったかな~汗


もとのエンジンのブローバイホースは超折れ曲がっていましたね。これは良くない。
ホースも交換しておきましたよ
画像 038

スプロケのボルトも正規の物を使ってください。左が高張力ボルト(正規)右がもとのエンジンについていたもの
画像 039

エンジン始動前には必ずオイルがヘッドまで上がってくるか確認してから始動です。ここはガスケットが入っていなかったオイルチェックボルトです。プラグ付近にあります。
画像 040

あ、そうそうテールバルブが死んでましたので交換させてもらいました。
画像 041


長くなってしまいすいません。最後まで見て下さった物好きな方、ありがとうございます。

最終的に素人が組んだのかプロが組んだのかよくわからないエンジンでしたが
滞りなく作業は完了いたしました。

今回は使用できる部分は使う!を念頭に進めました。
ご予算の関係もありましたので交換していない部品もあります。

もちろんお客様のためにならない部分は変えさせていただきました。

ワンランク上を求める!という方は事前にお申し付けください。
交換する内容も修正する具合もご予算も変わってきますので。


では明日最終チェックをしてご連絡いたします!

そして後日納車に来ていただきました
画像

イケメンですね~、さすが美容師!
そんなオーナー様の美容室は西船にあります。

HAIR SALON T-third
千葉県船橋市西船4-22-5 2F
tel 047-434-6739
URL http://t-third.jp/

やり手です。代表取締役です。

さぁみんな、T-thirdでカワイク(カッコよく)してもらってからゼニスご来店ください♪




津田沼店:カネコ
スポンサーサイト



↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [整備]

珍車・・・モトコンポ

こんにちはササキでございます

とても珍しい車両・・・モトコンポの修理入庫です
タイヤ交換ご依頼ありがとうございます
画像 2458519画像 2458529

モトコンポの純正タイヤサイズは2.50-8なのですが・・・
国内メーカーさんでは販売中止になってしまっていて設定がありませんので
ちょっとタイヤサイズが大きくなってしまいますが3.00-8にて対応いたします
画像 2458522
画像 2458526

最近、お客様が通販にて購入されたようですが・・・
販売したお店がしっかりと整備されていたようでアクスルシャフトやホイールベアリングは
ちゃんとグリースUPされており・・・

この年代のバイクでこの状態は大変良いです!!
なんだか嬉しくなります(^_^)
画像 2458523画像 2458525

フロント完成!!
画像 2458528

次はリア
画像 2458527

外装とマフラーを取り外してリアホイールを外していきます
画像 2458530画像 2458531

リア完成!!
画像 2458532

せっかくですので収納してみました(お客様、勝手にすみません)
画像 2458533画像 2458534

不思議・・・不思議・・・
とても不思議なバイク

ホンダ・モトコンポ (HONDA MOTOCOMPO) は、本田技研工業が販売していた排気量50ccの原動機付自転車。当時の販売価格は8万円で、5万台以上が生産されたが、1985年に生産を終了

モトコンポが販売されていた当時は6歳でまだまだ子供だったワタクシなんかは
当時は詳しく知りませんが・・・
今、考えるととても凄いスタイルのバイクを作ったもんです

不景気の今の時代こんな斬新な遊び心のあるバイクを作る余裕なんかないんだろうな~
まぁ~メーカーも売れない物は作らないでしょうし・・・

わたくし個人的には大好きです
画像 2458535
画像 2458538画像 2458539
1981年、同社のコンパクトカー「シティ」のトランクルームに積めるというコンセプトで開発・発売された。

キャンプ場やサーキットなどに自動車で移動した後、目的地で自由に行動する事を目的として開発された。数か月前に類似コンセプトで開発スタートしたスカッシュ(モンスク…モンキースクータ)とは開発責任者が異なる。

全長118.5cm、乾燥重量42kgと小柄で軽量の上、ハンドルとシートとステップは折りたたんで箱形のボディーに収納でき、シティのトランクルームに横倒しにして車載できるオートバイである。実際モトコンポには横倒しの車載時の為に↑向きの注意を促すステッカーが貼ってあった。2ストロークエンジン2.5PS / 5,000rpmを搭載する。加速は同時期発売のロードパルと同程度、最高速は45km/h位であった。

当時流行っていた持ち運びのできるオーディオの「コンポ」と「モータバイク=モトバイ」から「持ち運びのできるモト」として“モト・コンポ”とネーミングされた。

走行中に縦・横・斜めへと揺れる車両のトランクに積載されるという前提があったため、開発は非常に難航したが、新機構の塊として完成され、クリスマスシーズン直前に発売された。上下左右前後にそのままの絵が描かれたダンボール箱入りで販売された。

大変ユニークな製品であったが、販売当時は売れ残りが続出した。TVCMなどにおけるイメージの影響で、シティの“おまけ”と思われていたためとも言われている。[要出典]このため、在庫処分に廉価販売された車両もあった。

トランクサイズに収まる折り畳み式超小型スクーターの先例としては、1952年にフランスで開発されて数カ国でライセンス生産された「バルモビル(nl:Valmobile)」が著名な例として存在し、日本でもスクーターメーカーとして一時有力であった平野製作所[1]が1960年から輸出向けにライセンスを得て「ヒラノ・バルモビル」として少数を生産している。

だがバルモビルが、フロントのハンドルやフロントタイヤ周りをトランクケース型ボディから取り出して外付け組み立てする必要があったのに対し、モトコンポは前後タイヤやドライブトレーン、フロントフォークなどが最初から部分露出状態で、地上に降ろしてから最低限の収納部を引き出して素速く使用できる設計になっており、実用性では長足の進歩を遂げていた。

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


PROFILE

CLUB ZENITH

Author:CLUB ZENITH


クラブゼニス
・千葉県船橋市宮本9-10-1
・ TEL 047-495-8198


クラブゼニスは1991年の創業以来、お客様への安心と信頼をお届けする事をモットーとして、国土交通省関東運輸局の認証を得た店舗にて、Harley-Davidsonを始め、国内外オートバイの車両販売、買い取り、カスタム車の製作、車検、修理、レストア、金属加工、各種保険などをお取り扱いしております。
みなさまのご来店をお待ちしております。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2012