Staff Blog・Event

CLUB ZENITHのスタッフが、技術的なお役立ち情報や日々の出来事・個人的な欲求・各種ネタ等を、赤裸々に綴っております。

Category: [車検整備]国産車

W650 納車整備!!


こんにちはササキでございます。

武次様 W650ご成約有難うございます。
納車前の整備をキッチリと行っていきましょう!!
画像 248画像 249

走行距離は5084kmと少なく程度はとても良い車両です。
画像 250

まずはオイル交換・・・オイルエレメントも交換していきます。
オイルエレメントはオイル交換2回に対して1度交換する物ですので次回はオイルエレメントの交換は不要です。
画像 251画像 252

バッテリー電圧は通常時で12.71∨・・・全く問題ないような状態です。
画像 254

エンジンのかかっている時の発生電圧・・・充電電圧は14.53∨充電系統も問題ありません。
画像 253

エアクリーナーエレメント・・・
W650はエアクリーナーBOX左右にエレメントが装着されています。
画像 255画像 256

エレメントの状態は問題ありませんのでエアーブローにて終了です。
画像 257画像 258

プラグ交換・・・W650プラグキャップを取り外すにあたってガソリンタンクを脱着しないといけません。
画像 259画像 260

プラグは新品に交換です。
画像 261画像 262

フロントブレーキ・・・
画像 273画像 274
画像 275画像 276

ブレーキキャリパーのピストンはギリギリまで出して清掃、磨き、グリースUPしていきます。
ピストンの動きが悪いとブレーキの効きは悪くなります。
画像 279画像 280

ピストンは清掃して磨いたらグリースを塗布していきます。
キャリパーのピストンは手で押し戻せる状態がベストな状態です。
画像 282画像 283

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキパッドの角は削り落としてあげます。
画像 284画像 285

ブレーキパッドの裏のバックプレートには耐震・耐熱に優れたパッドグリースを塗布していきます。
画像 286

ブレーキフルードはオイル同様に年月と共に酸化して性能が低下していきますので定期的な交換が必要です。
画像 281画像 288

リアブレーキ・・・
画像 289画像 290
画像 291画像 292

ホイール側のブレーキ内部にはブレーキシューの削れカスなどで黒くなっております。
画像 293画像 294

エアブローにて削れカスなどは除去していきます。
画像 295画像 296

ブレーキシュー・・・
画像 297画像 298

ブレーキシューのリンク部には古いグリースにゴミなどが付着しておりますので
キレイに除去して新たにグリースUPしていきます。
画像 299画像 300

ブレーキシュー・・・
画像 301

ブレーキシューもフロントのブレーキパッドと同様にブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為に
ブレーキシューの角は削り落としてあげます。
画像 302画像 304

ドライブチェーン・・・画像だと判断しづらいですがチェーン清掃を行い新たにチェーングリースを塗布していきます。
清掃前・・・
画像 305画像 306

清掃後・・・
画像 307画像 308

これから車検の為、陸運局に持ち込み、ナンバー取得後に試乗を行い問題ないと判断できましたら
納車となります。
もう少しお待ち下さい。

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

バリオス ベアリング交換


こんにちはササキでございます。

窪田様 バリオス修理ご依頼ありがとうございます。

リヤホイールのベアリング交換を行っていきます。
バリオスの1型になりますと年式的にも走行距離的にも消耗品の交換が必要な箇所が増えていきますね・・・
画像 248画像 249

ホイールのセンター部には左右ベアリングがあります。
ベアリングが破損しておりゴリッゴリッしておりホイールの回転の抵抗になってしまっています
画像 250画像 251
画像 252画像 253

左右のベアリングを取り外して・・・
画像 258画像 259
画像 255

取り外したベアリングと新品ベアリングです。
画像 256画像 260

新品ベアリングを圧入していきます。
ホイールを装着後、回転など動きを確認して終了です。
画像 261画像 262

スムーズに回転してくれるようになりました。

お待たせ致しました。

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [日記]

ご当地ナンバー 千葉県一覧!!


こんにちはササキでございます。

最近とても増えましたご当地ナンバー・・・
色々な物がありビックリですね

千葉県の1部でしょうが・・・ご紹介していきます。


ルパン 佐倉市 ルパン三世 3000枚限定!!


千葉市 千葉市 野球ボール方&千葉ロッテマリーンズ『マーくん』


鎌ヶ谷市 鎌ヶ谷市 梨とファイターズタウン鎌ヶ谷


一宮町 一宮町 『一宮いっちゃん』


君津市2 君津市 市花・ミツバツツジがモチーフの『きみぴょん』


御宿町 御宿町 『エビアミーゴ』


香取市 香取市 伊能忠敬さんのシルエット


市原市 市原市 上総いちはら国府祭りキャラクター『オッサくん』


酒々井町 酒々井町 「酒の井」伝説にちなんだ井戸っ子『しすいちゃん』


松戸市 松戸市 市制施行70周年記念ロゴ入り


成田市 成田市 ローマ字入り


船橋市 船橋市 船と橋


大網白里市 大網白里市 『マリン』


白子町 白子町 九十九里浜の大波をイメージした『げんき君』


茂原市 茂原市 茂原七夕祭りキャラクター『モバりん』

いらないと思ってしまうデザインのナンバーからこれなら着けてもいいかなと思えるナンバーまで
色々ありますね・・・

日本全国で見るともっと面白い物もございます。

なんだか楽しい感じで明るくなって良いかなとも思いますが・・・


制作費は・・・税金ですよね・・・

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

SR400 車検整備!!


こんにちはササキでございます。

三谷様 SR400車検整備ご依頼ありがとうございます。
画像 261画像 262

走行距離は39,597km・・・距離が多くなってきていますので細かくチェックしていくようにしましょう!!
画像 286

まずはオイル交換・・・SRはオイルの抜き口が2箇所ありますので2つとも忘れずに!!
画像 251画像 252

今回オイルエレメントも交換です。
オイルエレメントはオイル交換2回にたいして1度交換する物ですので次回は交換する必要ありません。
画像 253

パワーフィルター・・・写真だと判りづらいと思うのですが清掃して乾燥させてフィルターオイルを塗布していきます。
画像 248画像 250

清掃後・・・
画像 254画像 255

フィルターオイルを塗布した後・・・
画像 256

バッテリー電圧は12.54∨・・・問題ない状態です。
画像 257

エンジンのかかっている時の発生する充電電圧は13.83∨・・・できれば14∨台まで
欲しいのですが1∨以上上昇していますので問題ないと判断します。
今後、様子を見ながら対応していくようにしましょう。
画像 258

プラグは清掃、磨きで再使用です。
画像 259画像 260

リアブレーキ・・・
画像 263画像 264
画像 265画像 266画像 267

ホイール側のブレーキ内部にはブレーキシューの削れカスなどが溜まっております。
ブレーキの効きを悪くする原因にもなりますのでエアーブローして除去していきます。
画像 268画像 269
画像 270

ブレーキシューのリンク部はグリース切れを起こしてゴミなどが付着してしまっているのでキレイに
清掃、磨き、グリース塗布していきます。
画像 271画像 273
画像 274画像 275

ブレーキシュー・・・
画像 278

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキシューの角は削り落としてあげます。
画像 280画像 281

ドライブチェーン・・・最近、交換されたばかりなのか状態は悪くないです。
清掃する必要はないのかもしれませんが念の為にも清掃していきます。
画像 282画像 283

清掃が出来ましたら新たにチェーングリースを塗布していきます。
画像 284画像 285

フロントブレーキ・・・
画像 287画像 288
画像 289画像 290

ブレーキキャリパーのピストンはギリギリまで出して清掃、磨きを行っていきます。
画像 292画像 294

清掃後はシリコーングリースを塗布してピストンを押し込んでいきます。
キャリパーのピストンは手で押し戻せる状態がベストな状態です。
ピストンの動きがスムーズでない場合はバラして清掃等を行わないといけません。

こちらのSRはキャリパーの左のピストンの動きが多少重いのでこれ以上悪化した場合は
ブレーキキャリパーのO/Hが必要となります。
画像 295画像 297

リアのブレーキシュー同様にブレーキの引きずりやブレ―キの鳴き防止の為に
ブレーキパッドの角は削り落としてあげます。
画像 299画像 300

ブレーキパッドの裏のバックプレートには耐震耐熱に優れたパッドグリースを塗布していきます。
画像 301

ブレーキフルードはとてもキレイな状態でしたが年月は経過してしまっているでしょうから
交換、エア抜きをしっかり行っていきます。
ブレーキフルードはオイル同様に年月と共に酸化して性能が低下していきますので
定期的な交換が必要となります。
画像 298画像 302

エア抜きもしっかりと!!
画像 303

お客様にて2年程前に某量販店にてタイヤ交換されたらしいのですがタイヤのビートが
上がっておりません。大変危ない状態です。
2年間もこのまま走行されていたと思うと・・・

全てとは言いませんが・・・所詮、量販店と感じてしまいます。
画像 307画像 308

ところどころネジが緩んでいる箇所がありましたので定期的な増し締めを行って下さい。
ありがとうございました。

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

XJR400R 12ヶ月点検!!


こんにちはササキでございます。

足立様 XJR400Rの12ヶ月点検ご依頼有難うございます。

オイル交換はつい先月行いましたので今回は行いません。
画像 248画像 249

シート下にバッテリーがあります。
画像 250

バッテリー電圧は通常時12.49∨・・・ちょっと低くなってきていますがまだ使用できる電圧です。
画像 253

エンジンのかかっている時の充電電圧は13.77∨・・・こちらもちょっと低く感じるのですが
通常時の電圧より1V 以上、上昇しているので問題ないと判断です。
画像 254

エアクリーナーエレメント・・・ガソリンタンクを取り外さないとエレメントは取り外せません。
まだまだ使用可能な状態ですのでエアーブローにて終了です。
画像 251画像 252

プラグは新品に交換です。
画像 255

リアブレーキ・・・ブレーキホース内にエアが混入しているらしくリアのブレーキはスカスカな感じになっています。
ブレーキが効かない状態ですので、とても危ない状況でしたよ!!
画像 257画像 258
画像 259

ブレーキキャリパーのピストンはギリギリまで出して清掃、磨き、グリースUPしていきます。
対向ピストンですので片方ずつ行っていきます。
画像 261画像 263
画像 264画像 265

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキパッドの角は削り落としてあげます。
画像 266画像 267

ブレーキパッドがスライドするパッドピン・・・
細かい部品ですがこちらも清掃、磨き、グリース塗布して組付けていきます。
画像 269画像 270

ブレーキフルードは新品に交換してエア抜きをしっかりと行っていきます。
画像 271

ドライブチェーン・・・チェーンには古いグリースと共に汚れやゴミが付着しておりますので清掃していきます。
画像 272画像 273

清掃が終わりましたら新たにチェーングリースを塗布していきます。
画像 274画像 275

フロントブレーキ右・・・
画像 276画像 277

リアのブレーキと同様にキャリパーピストンはギリギリまで出して清掃、磨き、グリースUPを行っていきます。
画像 278画像 279

対向4POTなのでフロントもリアと同じように片方ずつ順番に行っていきます。
画像 283画像 285

キャリパーのピストンにはシリコーングリースを塗布していきます。
キャリパーのピストンは手で押し戻せる状態がベストな状態です。

ピストンの動きが悪い場合はブレーキの効きに影響しますのでキャリパーのO/Hを行わないといけません。
画像 290

フロントもブレーキパッドの角は削り落としてあげます。
画像 287画像 288

ブレーキパッドの裏のバックプレートには耐震耐熱に優れたパッドグリースを塗布していきます。
画像 289

フロントブレーキ左・・・右のブレーキキャリパーと同様の作業を行っていきます。
画像 291画像 292
画像 293画像 295
画像 297画像 298
画像 299画像 300

最後にブレーキフルードの交換していきます。
エア抜きもしっかり行って!!
ブレーキフルードはオイル同様に年月と共に酸化していき性能が低下していきますので
定期的な交換が必要となります。
左画像がビフォーで右画像がアフターです。
フルードの色がぜんぜん違いますね・・・
画像 286画像 301

大変お待たせ致しました。
ありがとうございます。

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

新規在庫車両!!ドラッグスター400クラシック


こんにちはササキでございます。

津田沼店に新たに仲間が加わりました。
ドラッグスター400クラシック
純正のスタイルを崩さないように仕上げてみました
画像 248
画像 249画像 251
画像 256
画像 257画像 258

何色と言っていいのか・・・若草色・・・中間色を使いポップな感じに仕上げてみました。
赤と黄色のラインを入れてメリハリをつけてあります。
画像 250画像 259

年式的に燃料計付きの車両です。
ひと目でガソリンの量が判断できて楽々です。
画像 262

社外マフラーが装着されています。
画像 261画像 253
画像 255画像 260

YAMAHA ドラッグスター400クラシック
年式 2003年 平成15年
走行距離 24,418km
車両価格     ¥399,600―

中古車でも6ヶ月もしくは3000kmの保証付き!!



↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

他店で購入した車両でも・・・


こんにちはササキでございます。

木村様 修理ご依頼有難うございます。

他店にて購入されて納車されて1週間のJAZZです。

購入されたオートバイ屋さんでは保証がないようですのでご来店下さいました。

当店では中古車でも6ヶ月もしくは3000kmの保証付きなんですけど・・・画像 248画像 249

クラッチカバー部からオイルが滲みでてきています。
画像 250

オイルが飛び散りタイヤやマフラーに付着してしまっています。
画像 253画像 252

クラッチカバーの取り付けネジを2本外した瞬間からオイルがダラ~っと・・・
画像 256

通常・・・オイルが入っている箇所でありません!!
画像 258画像 259
画像 265

オイルシールがめくれてしまっています。
これが原因でオイル漏れがおきてしまっています。

何故・・・こんなことに・・・
画像 266画像 267
画像 268

内側のオイルシールがめくれて出てきてしまっています。
ただの消耗でこのようになることはないと思います。

結果、原因としてはブリーザーパイプが詰まっていてエンジン内部の圧力が高まり
クラッチ部のオイルシールに圧力がかかり・・・オイルシールがめくれてしまったと・・・

HONDA純正でオイルシール注文したのですが・・・なんか安っぽいのがきました
画像 270
画像 271
画像 273画像 274

クラッチカバーに関係するオイルシールやOリングなどは新品に交換していきます。
画像 272

カバーガスケットも新品にして液体ガスケットを使用して組付けしていきます。
画像 275

完成です!!
画像 278

エンジンが消耗しているのでオイルが焼けて白煙が凄いです!!
オイルがどんどん焼けて少なくなっていくでしょうから小まめにオイルチェックして下さい。
画像 277

冗談で貼っているんでしょうが・・・実際になってきていますよ
画像 279

納車前にフォークのオイルシール修理してくれないんですね・・・
バイク屋として悲しくなります・・・
画像 280

当店は在庫は少ないですが・・・お探しすることもできますのでお気軽にご相談下さい。

津田沼店:ササキ ↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

懐かしのSHOP・・・


こんにちはササキでございます。

中丸様 モンキー修理ご依頼有難うございます。

1997年製 30週年記念限定車!!当時、新車にて購入されて大事にされている1台です。
画像 248画像 249

走行距離はまだ・・・894km・・・新古車みたいなもんですね。
画像 250

車体に貼ってあるSHOPのステッカーは我が社の前身となるガレージF1!!
キーホルダーまでもが当時の物がキレイに残っております。
物を大事にして頂けるのは嬉しくなりますね~
画像 251画像 252

キャブレーター、エアクリーナーの点検です。
画像 253画像 254

まずはエアクリーナー・・・
画像 255

通常であれば年式的にはエアクリーナーのエレメントはボロボロになっていてもおかしくないのですが・・・
不思議なくらい問題ない状態です。
画像 256画像 258

キャブレーターの点検です。
画像 259画像 260

年式にたいして走行距離からするとキャブレーターの中はダメになっているはずなのですが・・・
こちらも全く問題ない状態です。
保管の仕方、管理をしっかりしてあげれば問題ない状態で維持できるもんですね・・・
今後もぜひ、この状態を維持できるように頑張って下さい。
画像 261画像 262

点火プラグ・・・見た目では判断できませんがプラグ不良をおこして火花が飛ばない状態でした。
新品にプラグ交換していきます。
画像 263画像 266

オイル交換の時期ということでご依頼頂いたのですが・・・あまり走行されていないのでオイルも
キレイな状態です。
オイルは年月と共に酸化して性能が低下していきますので・・・
あまり走行されなくても定期的なオイル交換を今まで通り続けて下さい。
画像 268

有難うございました。

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

リトルカブ 12ヶ月点検!!


こんにちはササキでございます。

五十嵐様 リトルカブ12ヶ月点検ご依頼ありがとうございます。
画像 248画像 249

まずはオイル交換です。オイル交換の期間としては問題ないのですが・・・
オイルがとても黒くなっておりますのでもう少し期間を縮めてオイル交換しても良いかもしれません。
画像 252

エアクリーナーの点検の為にカバーを取り外していきます。
画像 250画像 251

エアクリーナーのエレメントはまだ使用できる状態ですのでエアブローにて終了で再使用していきます。
画像 254画像 255

プラグは新品に交換です。
画像 256

バッテリー電圧は12.66∨問題ない電圧です。
画像 257

エンジンのかかっている時に発生する電圧・・・充電電圧は14.20∨充電系統も問題ありません。
画像 258

リアブレーキ・・・
画像 259画像 260
画像 261画像 262

ホイール側のブレーキ内部にはブレーキシューの削れたカスが多少溜まっております。
画像 263

ブレーキの効きに影響する箇所ですのでキレイに除去していきます。
画像 264画像 265
画像 266画像 267

ブレーキシューのリンク部には古いグリースにゴミや汚れがベットリ付着しております。
こちらのリンク部の動きが悪くなるとブレーキの効きは悪くなります。
動きを確認しながら清掃していきます。
画像 268画像 269

清掃後は新たにグリースを塗布していきます。
画像 270

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキシューの角は削り落としてあげます。
画像 271画像 272

ドライブチェーン・・・チェーン清掃の為にチェーンカバーを取り外します。
画像 273画像 274

グリース切れを起こしてちょっと動きが悪くなっていますのでキッチリ清掃していきましょう!!
画像 275画像 276

清掃後は新たにチェーングリースを塗布していきます。
チェーンが伸びてきて、たるんでいますので調整しておきます。
画像 277画像 278

テールランプの配線が断線していて点灯しない状態でしたので配線修理しておきます。
画像 279

フロントブレーキ・・・
画像 280画像 281
画像 283画像 284

リアブレーキの整備と同じようにブレーキシューのリンク部はキレイに清掃、磨き、グリースUPしていきます。
画像 285画像 288
画像 289

レーキシューもリアブレーキと同様に
ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキシューの角は削り落としてあげます。
画像 290画像 291

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

フュージョン 納車整備!!


こんにちはササキでございます。

若月様 フュージョンご成約有難うございます。
納車前の整備を行っていきます。
画像 248画像 249

走行距離は14,974km・・・
画像 250

まずはオイル交換・・・
画像 251

プラグは清掃、磨きを行い再使用です。
画像 254画像 255

バッテリー電圧は11.59∨・・・通常12.7∨前後の電圧が欲しいので、ちょっと低いです。
こちらのバッテリーは前オーナーによって半年ほど前に交換されているのは分かっておりましたので
まだ使用できるだろうと判断して充電かけていきます。
画像 253

充電をかけてから30分程放置した後に計測・・・バッテリー電圧は12.85∨まで復活してくれました。
問題ない電圧です。
画像 278

エンジンのかかっている時の発生する充電電圧は14.30∨充電系統も問題ありません。
画像 279

エアクリーナー・・・
画像 256画像 257

エアクリーナーのエレメントはまだ使用できる状態ですのでエアブローにて再使用です。
画像 258画像 260

キャブレーター・・・問題なくエンジンは始動できる状態ですが念の為にキャブレーターをバラしていきます。
画像 261画像 262
画像 263

キャブレーター取り外し完了!!
画像 264

キャブレーター内部はとてもキレイな状態です。良いことではあるのですが・・・せっかく取り外したのに
キレイだと残念な気持ちも出ます。
画像 265画像 266

見た目だけでは判断できませんからガソリンの通り道となる箇所は洗浄剤にて清掃していきます。
画像 267画像 268

次は駆動系の点検整備です。エンジンの動力をリアタイヤに伝達しているとても重要な箇所になります。
画像 269画像 270

クラッチアウター・・・
画像 271


クラッチアウター内部にはクラッチシューの削れたカスが多少ありますのでエアブローにて吹き飛ばしておきます。
画像 272画像 273

クラッチシューはまだ使用できる状態です。
画像 274画像 275

∨ベルト・・・∨ベルトは使用していると消耗してきて最後はベルトが切れてしまい走行できない状態となります。
標準時ベルト幅は22.0mm~23.0mmです
使用限度のベルト幅は21.0mm
只今装着されているベルト幅は22.4mmですのでまだ使用できます。
画像 276画像 277

次はリアブレーキの点検整備を行っていきます。
まずはマフラーを取り外して・・・
画像 280画像 281

ホイールを取り外すとブレーキシューが現れます。
画像 282
画像 284

ホイール側のブレーキ内部にはブレーキシューの削れたカスが溜まっておりますので
除去していきます。
画像 285画像 286

ブレーキシューを取り外して・・・
画像 283画像 287

ブレーキシューのリンク部の古いグリースやゴミ汚れなど付着しているものは清掃、磨き、グリースUPしていきます。
こちらのリンク部の動きが悪くなるとブレーキの効きが悪くなりますのでしっかりと整備していきます。
画像 288画像 289

ブレーキシュー・・・
画像 290

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキシューの角は削り落としてあげます。
画像 291画像 292

クーラント交換です。
画像 293

当たり前のことですが・・・クーラントを抜いたら必ず入れる!!
ハンドルの下のカバーを取り外すとクーラントの注入口のラジエーターキャップがあります。
画像 294画像 295

フロントブレーキ・・・
画像 296画像 297
画像 298

ブレーキキャリパーのピストンはギリギリまで出して清掃、磨きを行っていきます。
画像 299画像 300
画像 301

ピストンの清掃、磨きが終わったらグリースUPしてピストンを押し込んでいきます。
ピストンは手で押し込める状態がベストな状態です。
画像 305画像 306

リアブレーキのブレーキシュー同様にブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為に
ブレーキパッドの角は削り落としてあげます。
画像 302画像 303

ブレーキパッドの裏のバックプレートには耐震、耐熱に優れたパッドグリースを塗布していきます。
画像 304

ブレーキフルードは新品に交換してエア抜きをしっかりと行っていきます。
ブレーキのフルードはオイル同様に年月と共に酸化して性能が低下しますので定期的な交換が必要です。
画像 307画像 308

基本的な整備は終了しました。
あとはナンバー登録後に試乗を行い微調整を行いながら問題ないと判断できましたら
納車となります。もう少しお待ち下さい。

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

ライブDioZX とても危ないです!!


こんにちはササキでございます。

里様 ライブDioZX修理ご依頼有難うございます。
画像 271画像 272

ブレーキの効きが悪いとのことで修理ご依頼です。
画像 248画像 249

ブレーキパッドが消耗してしまいシャーシャー音が出ています。
ブレーキパッドのライニングが一切無くなっています。
これではブレーキが効かないのは当たり前です。

とっても危ない状態ですよ!!
画像 250画像 251

下画像の左が消耗したブレーキパッドです。ブレーキパッドとしての役割はとっくに終わっていて
本来達してはいけないバックプレートの鉄板部分でブレーキをかけていた状態です。

右画像が新品のブレーキパッドです。
比較するとどんだけ危ないことか分かって頂けると思います。

もう少し気にして走行するようにして下さい。
画像 252画像 253

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキパッドの角は削り落としてあげます。
画像 254画像 257

ブレーキキャリパーのピストンはギリギリまで出して清掃、磨き、グリースUPしていきます。
画像 255画像 256

ブレーキパッドのバックプレートの鉄板部分でブレーキをかけていた為にブレーキのディスク板まで
消耗してしまい交換しないといけなくなりました。
画像 258画像 260

左画像が交換したディスクブレーキ・・・右が新品です。

投げたら武器になるぐらい薄くなっています。

本当に事故等なくて良かったですね。
画像 262画像 263
画像 265画像 266

ブレーキフルードも交換エア抜きを行っていきます。
ブレーキフルードはオイル同様に年月と共に酸化して性能が低下していきますので定期的な交換が必要です!!
画像 268画像 270

完成です!!
新品のブレーキパッドに新品のディスクブレーキですので最初のうちブレーキの効きが悪いなどの症状がでますので
気をつけて走行して下さい。効かなくなる訳ではありませんので安心して下さい。
画像 273

今回修理させて頂きましたライブDIO-ZX・・・
今は中古でしか手に入らない車両となりましたが中古にて探すとほとんどの車両が
中国製のパーツで仕上げられてしまっていて純正のまま残っている車両は希少になってきています。

今回修理させて頂いた里様の車両は純正のままです。
大事に乗ってあげて下さい。
よろしくお願い致します。

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

リトルカブFi 納車整備!!


こんにちはササキでございます。

菅野様 リトルカブFiご成約有難うございます。
納車前の整備をしていきます。
画像 248画像 249

まずはオイル交換・・・オイル交換されたばかりなのではないかと思う程キレイなオイルが入っていました。
汚いオイルが入っているよりは安心なので良いのですが・・・
画像 250

プラグは消耗していますので新品に交換です。
画像 251

バッテリー電圧は通常時12.03∨・・・ちょっと低めですので充電かけていきます。
画像 252

充電したら12.38∨まで復活してくれました。まだ電圧としては多少低いですが使用できる状態ですので
このまま使用していきます。保証期間内にバッテリ-がダメになってしまっった場合は無償にて
交換いたします!!
画像 264

エンジンのかかっている時の充電電圧は14.44∨充電系統は問題ありません。
画像 265

エアクリーナー・・・
画像 253画像 254
画像 256

エアクリーナーのエレメントはキレイな状態ですのでエアブローにてゴミなどは吹き飛ばして再使用です。
画像 257画像 258

ドライブチェーン・・・
画像 259画像 260

まだまだ使用できる状態ですので清掃していきます。
画像 262画像 263

洗浄して古いチェーングリースや汚れは除去していき新たにグリースUPしていきます。
画像 267画像 266

リアブレーキ・・・
画像 268画像 269
画像 270画像 271

リアブレーキはすでに整備済みなのか全く使用していなかったのか・・・とってもキレイな状態です。
通常はリアブレーキシューの削れカスなどの黒い粉状の物が溜まっているのですが
一切ありません。良いことなのですが不思議な気持ちになります。
画像 272
画像 273画像 274

ブレーキシューのリンク部のグリースは新品のように塗布されたばかりのようなグリースが・・・
キレイな状態でも念の為に古いグリースは清掃して新たにグリースUPしていきます。
画像 276画像 277
画像 278

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキシューの角は削り落としてあげるのですが・・・
すでに削り落としてある状態です。
画像 279画像 280

アクスルシャフト・・・特にサビなどは発生しておらずキレイな状態ですがグリース切れをおこしていますので
新たにグリースを塗布して組付けしていきます。
画像 281画像 282

フロントブレーキ・・・
画像 283
画像 284画像 285

とてもキレイな状態だったリアブレーキとは違いフロントブレーキは使用してた感が満載です。
ブレーキシューのリンク部は古いグリースと共にゴミや汚れが付着してますので除去していきます。
画像 286画像 287

ブレーキの効きを悪くする原因となりますので古いグリースやゴミ汚れは清掃、磨きを行っていきます。
画像 288画像 289

キレイになりましたら新たにグリースを塗布していきます。
画像 291

ブレーキシュー・・・
画像 292

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキシューの角は削り落としてあげます。
画像 293画像 294

後はナンバー登録を行い試乗をして問題ないと判断できたら納車となります。
天気の関係で試乗がなかなか出来ない状況です。

もう少しお待ち下さい。

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

W400 車検整備!!


こんにちはササキでございます。

川満様 W400車検ご依頼ありがとうございます。
あまり走行されておりませんが2年間経過してしまっているので点検整備を行っていきます。
画像 248画像 249

まずはエアクリーナーの確認です。W400エアクリーナーBOXの左右にそれぞれフィルターが存在しますので
2つとも忘れずに確認!!
画像 250画像 251

まだ使用できる状態ですのでエアーブローにてゴミなどは吹き飛ばしておきます。
画像 252画像 253

あまり走行されていないのでバッテリー電圧は12.03∨・・・ちょっと低くなってきています。
バッテリーあがり防止の為に予防充電かけておきます。
画像 254

バッテリーを充電かけたら12.45∨ちょっとではありますが復活してくれました。
画像 325

エンジンのかかっている時の充電電圧は14.49∨問題なく充電されております。
今後また走行をあまりされないとバッテリー上がりも十分に考えられます。
お時間ができたら乗ってあげて下さい。
画像 329

点火プラグ・・・
画像 305

プラグは清掃磨きを行い再使用です。
画像 303画像 304

リア周りの点検整備です。
画像 306画像 307
画像 308画像 309

ホイール側のブレーキ内部にはブレーキシューの削れカスのような黒い粉状の物が溜まっております。
画像 310画像 311

ブレーキの効きを悪くする原因となりますので清掃して除去していきます。
画像 312画像 313

ブレーキシュー・・・
画像 314

ブレーキシューのリンク部には古いグリースと共にゴミなどが付着しておりますのでこちらもキレイに除去して
新たにグリースUPしていきます。
画像 315画像 317
画像 318画像 319

画像 320

先ほどのリンク部と接触するブレーキシュー側も清掃・磨き・グリースUPしていきます。
画像 322画像 323

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキシューの角は削り落としてあげます。
画像 321画像 324

ドライブチェーン・・・まだ使用できる状態でしたので清掃して古いチェーングリースや汚れなどは除去して
新たにチェーングリースを塗布していきます。
画像 327画像 328

フロントブレーキ・・・
画像 330画像 332
画像 333画像 334

ブレーキキャリパーのピストンはギリギリまで出して清掃、磨き、グリースUPしていきます。
キャリパーのピストンの動きが悪いとブレーキの効きは悪くなります。
キャリパーのピストンはグリースUPして押し戻す時は手で押し戻せる状態がベストな状態です。
画像 335画像 337

リアのブレーキシュー同様にブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為に
ブレーキパッドの角は削り落としてあげます。 
画像 339画像 340

ブレーキパッドの裏のバックプレートには耐震耐熱に優れたパッドグリースを塗布していきます。
画像 341

ブレーキフルードはオイル同様に年月と共に酸化して性能が低下していきますので
定期的な交換が必要となります。
画像では判らないかもしれませんが左画像が交換前、右画像が交換後
ブレーキフルードの色が多少違うのが確認できると思います。
画像 338画像 342

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

DS400 12ヶ月点検!!

こんにちはササキでございます。

吉田様 ドラッグスター400の12ヶ月点検ご依頼有難うございます。


他店にて1年程前に購入された車両です。
当店は他店にて購入された車両も整備致します!!
他店にて購入されてお困りの方お気軽にご相談下さい。



画像 313画像 314

まずはオイル交換・・・
画像 249

オイルフィルターも交換です。
社外のマフラーが装着されている為にオイルフィルター交換時にはマフラーを脱着しないといけません。
画像 250画像 251

オイルフィルター無事に交換です。
画像 252

バッテリー電圧は通常時12.76∨電圧は問題ない状態です。
オーナー様も気にしていましたが中国製のバッテリーが装着されています。
今のところ問題ありませんが・・・ご予算に余裕のあるときにでも国産バッテリーに交換できれば
安心な気持ちで走行できると思います。
画像 253画像 254

エンジンのかかっている時の充電電圧は13.94∨充電系統も問題ない電圧です。
画像 255

エアクリーナー・・・
画像 256画像 257

エアクリーナーのエレメントはまだ使用できる状態ですのでエアーブローにてゴミは吹き飛ばしておきます。
画像 258

プラグは新品に交換です。
画像 259

リア周りの点検整備です。
画像 260画像 261

リアフェンダーを取り付けしているボルトがとんでもなく長いボルトが装着されていました。
画像 262画像 263

フェンダーの取り付けボルトが長いのが装着されていた為にタイヤハウスまで飛び出しており
タイヤにダメージを与えてしまっています。

全くバイク屋のする仕事ではありません!!
なんでこんなに適当なバイク屋さんが多いんでしょう・・・悲しくなります・・・
画像 269画像 268

リアブレーキ・・・
画像 270画像 275

ホイール側のブレーキ内部にはブレーキシューの削れたカスなどが溜まっておりますので
キレイに除去していきます。
画像 276画像 277

上の画像にて黒かった箇所がキレイになっているでしょう!!
画像 279画像 278

ブレーキシュー・・・
画像 280画像 281

ブレーキシューのリンク部には古いグリースにゴミや汚れが付着してブレーキの効きを悪くする
原因となりますので清掃磨きを行い新たにグリースUPしていきます。
画像 282画像 283
画像 284
画像 285

先ほど清掃したリンク部に接触するブレーキシュー側の箇所も清掃磨きを行い新たにグリースを塗布していきます。
画像 286画像 290

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキシューの角は削り落としてあげます。
画像 291画像 292

リアホイールのアクスルシャフト・・・
画像 271

グリース切れを起こしてサビが発生してしまっています。
おかげ様でなかなか取り外しが上手くいかず苦労しました。
1年前に納車されたショップさんはこんなグリースUPしてくれないんですかね・・・
画像 272画像 273

清掃磨きをしてグリースを塗布していきます。
画像 274

ドライブシャフト・・・
画像 293

ドライブシャフトのオイルを抜くドレンボルトがちゃんと締め付けされておらず・・・
オイルが滲み出てしまっています。
ちゃんとオイルは入っているのか・・・オイルは残っているのか・・・
画像 295画像 294

オイルは入っていました。比較的キレイなオイルですので納車前に交換はされたような感じです。
画像 296

YAMAHA製ドライブシャフト専用オイルを使用します。
画像 298画像 299

フロントブレーキ・・・
画像 301画像 302
画像 303画像 304

ブレーキキャリパーのピストンはギリギリまで出して清掃磨きを行っていきます。
画像 305画像 306

ピストンがキレイになったらシリコーングリースを塗布してピストンを押し込んでいきます。
ピストンは手で押し戻せる状態がベストな状態です。
画像 309

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキパッドの角は削り落としてあげます。 
画像 308画像 310

ブレーキパッドの裏のバックプレートには耐震耐熱に優れたパッドグリースを塗布していきます。
画像 311

ブレーキフルードはオイル同様に年月と共に性能が低下していきますので定期的な交換が必要です。
当店に入庫された時はフロントブレーキはエアがかんでいてレバーを握っても
カチッとこなかった状態ですが・・・しっかりとエア抜きしましたので安心です。
画像 307画像 312

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

GSR400 車検整備

こんにちはササキでございます。

石井様 GSR400車検整備ご依頼有難うございます。
画像 001画像 002

新車にて購入されてから2度目の車検・・・
走行距離は5295km
P5230371.jpg

1年程、乗られていなかったらしく・・・バッテリーの端子は外しておいてくれたのですが
電圧が5.93∨まで落ちてしまっています。
充電してみましたが復活してくれませんでしたので新品に交換です。
P5230365.jpgP5230367.jpg

初期充電をかけた後30分程放置して計測・・・12.89∨バッチリです。
P5230368.jpg

エンジンのかかっている時の充電電圧は14.06∨充電系統も問題ありません
それにしてもインジェクション車は凄いですね~
1年程放置してあった車両でもバッテリーをちゃんとした物に交換しただけで問題なく
エンジンの始動が出来てしまう。
キャブレーター車の場合はそう簡単にはいきません。
P5230369.jpg

当店ではオイル交換の時期の目安になるように下の画像のようなステッカーを貼らせて頂いてます。
本来なら平成23年の10月にオイル交換しないといけない状態です。
せっかくなのでオイル交換ステッカーを目安に活用して下さい。
P5230370.jpg

エンジンを暖めた上でオイルを抜いていきます。
オイルエレメントも新品に交換です。
P5230372.jpgP5230374.jpg

次回のオイル交換は8295kmもしくは平成26年11月ですよ!!
P5230383.jpg

ガソリンタンク下にはエアクリーナーBOXがあります。
P5260447.jpgP5260448.jpg

エアクリーナーのエレメントはまだキレイですのでエアブローにて終了です。
P5260450.jpgP5260451.jpg

エアクリーナーBOXを取り外すとプラグキャップが出てきます。
P5260452.jpgP5260453.jpg

プラグは新品に交換です。
最新のプラグは今まで使用されていた物とは違う形状のプラグを使用している為にプラグの在庫の
ラインナップをまた増やさないといけません。
今までも使用されている形状のプラグを使用してくれればバイク屋さんは助かるんですけどね・・・
P5260454.jpgP5260455.jpg

クーラントも交換です。抜いたら必ず入れる!!
P5260457.jpgP5260458.jpg

フロントブレーキ右・・・
P5230375.jpgP5230376.jpg
P5230377.jpgP5230378.jpg

ブレーキキャリパーのピストンはギリギリまで出して磨いていきます。
清掃後、新たにグリースを塗布していきます。
P5230379.jpgP5230382.jpg

片方のピストンが終わったらもう片方です。
P5230385.jpgP5230386.jpg

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキパッドの角は削り落としてあげます。
P5230388.jpgP5230389.jpg

ブレーキパッドの裏のバックプレートには耐震耐熱に優れたパッドグリースを塗布していきます。
P5230390.jpg

フロントブレーキ左・・・
P5230391.jpgP5230392.jpg
P5230393.jpgP5230394.jpg

右のブレーキ同様に清掃磨きを行っていきます。
P5230397.jpgP5230398.jpg
P5230400.jpgP5230401.jpg

ブレーキパッドも同様に引きずりやブレーキ鳴き防止の為に角は削り落としてあげます。
P5230402.jpgP5230403.jpg

最後にブレーキフルードは新品に交換してエア抜きをしっかり行います。
ブレーキのフルードはオイルと同様に年月と共に酸化して性能が低下していきますので
定期的な交換が必要となります。
P5230384.jpgP5230404.jpg

リアブレーキ・・・
P5260412.jpgP5260413.jpg
P5260414.jpg

リアブレーキもフロントブレーキと同様に
ピストンの清掃磨きを行って新たにグリースUPしていきます。
P5260415.jpgP5260416.jpg
P5260419.jpg

ブレーキフルードの交換、エア抜きもしっかりと行います。
P5260418.jpgP5260422.jpg

放置していただけあってチェーンはサビサビでグリース切れを起こして動きが悪くなってしまっているので
新品に交換となります。
P5260423.jpgP5260424.jpg

DID製の520VX2をチョイス!!
P5260425.jpg

交換完了!!
新品チェーンは初期伸びがありますので走行されていてチェーンが緩いかなと思ったら
調整いたしますのでご来店下さい
お待ちしております。
P5260426.jpgP5260427.jpg

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

ビーノ 12ヶ月点検


こんにちはササキでございます。

横山様 ビーノの12ヶ月点検ご依頼有難うございます。



他店にて購入された車両ですが整備させて頂きます。
他店にて購入されてメンテナンス等お困りの方お気軽にご相談下さい




全体的に中国製のコピーパーツにて構成されております。
中国製品は品質上問題ある商品も多いですから細かく点検していきましょう。
画像 255画像 256

走行距離は26,228km・・・
画像 259

見ただけでフロントの足回りに曲がりが確認できます。
修理は行わないとのことですので気をつけて走行してくださいね!!
画像 257

点検の為に外装を取り外していきます。
画像 260画像 261

キャブレーターとエンジンを連結しているインシュレーター・・・
年数が経ってしまうと良くある事ですがインシュレーターにヒビが・・・
こちらも今回は修理しないです。

インシュレーターに完全に亀裂が入りますとエンジンの始動が困難になります。
最悪の場合はエンジンの焼きつき等の不具合を引き起こしますので覚えておいて下さい。
画像 262画像 263

エアクリーナー・・・
画像 264画像 265

エアクリーナーのエレメントは劣化してボロボロになってしまっていますので新品に交換です。
画像 267画像 343

バッテリー電圧は12.74∨・・・問題ない電圧です。
やはりバッテリーも中国製ですね・・・
画像 268画像 269

エンジンのかかっている時の充電電圧は14.73∨・・・今、現在は充電系統も問題ありません。
画像 348

駆動系の点検整備です。
画像 270

エンジンの動力をリアタイヤに伝達している重要な箇所です。
画像 271画像 272

たくさんの細かいパーツにて構成されておりますので一つ一つ点検していきます。
画像 273

クラッチアウター・・・
画像 274画像 275

クラッチアウター内部にはグリースのような油質の物がベットリとしていますので除去していき
清掃していきます。クラッチが滑ってしまったりと不具合の原因となります。
画像 276画像 278

クラッチシュー・・・クラッチアウター内部にあれだけグリースのような物が付着していましたので
クラッチシューにも付着してしまっています。
クラッチシューには焼きをいれて油分はとばしてあります。
画像 279画像 281

∨ベルト・・・ベルトが消耗して切れてしまったりするとエンジンはかかっても走行ができない状態となります。

新品時のベルト幅は16,6mm
使用限度のベルト幅は15,0mm
只今装着のベルト幅は16,3mm
まだ使用できる状態です。
画像 282画像 283

ウェイトローラー・・・特に大きな消耗は確認できませんでしたので再使用です。
画像 284

プーリーの表面にはベルト痕がついていますので磨いてキレイにしておきます。
画像 287画像 288

プーリーボス・・・ただの筒のように見えますがとても重要な動きをしています。
こちらもキレイに磨いてグリースUPしていきます。
画像 285画像 286

プラグは新品に交換です。
画像 289

プラグキャップ・・・プラグに差し込む時のカチッカチッ音の引っかかりが消耗してスカスカになっています。
新品に交換です。
画像 346画像 347

リアブレーキ・・・
マフラーを取り外して・・・
画像 292画像 293

ホイールを取り外すとブレーキシューが現れます。
画像 294
画像 295画像 296

ブレーキシューのリンク部はグリース切れを起こしてゴミや汚れが付着していますので
清掃して新たにグリースUPしていきます。
画像 297画像 299

ブレーキシュー・・・
画像 300

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキシューの角は削り落としてあげます。
画像 301画像 302

ブレーキワイヤーの動きが悪くなっているので注油して動きを良くしておきます。
画像 290画像 291

フロントブレーキ・・・
画像 349画像 351

リアブレーキと同様の作業を行っていきます。
画像 352画像 354
画像 355画像 356

フロントのブレーキシューは消耗しているので新品に交換です。
画像 357
画像 358画像 359
画像 350画像 360

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

シャドウ400 車検整備

こんばんはササキでございます。

薬師寺様 シャドウ400の車検整備ご依頼ありがとうございます。
P5160289.jpgP5160290.jpg

まずはオイル交換・・・オイルエレメントも新品に交換です。
P5160291.jpgP5160293.jpg

プラグも新品に交換です。
P5160295.jpg

クーラントも交換です。抜いたクーラントはなんか色が薄いですね・・・
抜いたら必ず入れる!!
これから夏の時期しっかりとクーラント入っていないとオーバーヒートー・・・最悪エンジン故障となります。
P5160296.jpgP5160297.jpg

バッテリー電圧は12.01∨・・・ちょっと低めの電圧ですので充電かけていきます。
P5160294.jpg

充電した後30分程放置して計測・・・12.85∨まで復活してくれました。
12.7∨前後あれば問題ありません。
P5160298.jpg

エンジンのかかっている時の充電電圧は13.92∨充電系統も問題ありません。
P5160299.jpg

エアクリーナーのエレメントは新品に交換です。
P5160300.jpg

次はリア周りの点検整備です。これだけ大きいフェンダーですとリアタイヤが脱着できませんので
リアフェンダーは取り外しです。
P5160301.jpgP5160302.jpg
P5160303.jpgP5160304.jpg

ホイール側のブレーキ内部にはブレーキシューの削れカスなどがありますので除去していきます。
下の左画像が清掃前、右画像が清掃後
判りづらいと思いますがよ~く見て下さい。ちゃんとキレイになっているんですよ!!
P5160305.jpgP5160306.jpg

ブレーキシュー・・・
P5160307.jpgP5160308.jpg

ブレーキシューのリンク部は古いグリースが固形化してゴミや汚れも付着してリンクの動きを悪くします。
リンク部の動きが悪いという事はブレーキの効きが悪くなると同じです。
キレイに清掃していきます。
P5160310.jpgP5160311.jpg

清掃後は新たにグリース塗布していきます。
P5160316.jpg

ブレーキシュー・・・
P5160313.jpg

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止のためにブレーキシューの角は削り落としてあげます。
P5160314.jpgP5160315.jpg

放置していた車両だけあってドライブチェーンはサビサビです。
P5160317.jpgP5160318.jpg

DID製525VXチェーンに交換していきます。
P5160319.jpg

交換完了!!新品は気持ち良いですね~
P5160320.jpgP5160322.jpg

フロントブレーキのレバー部の下にあるブレーキのストップスイッチが反応しませんので新品に交換です。
P5170323.jpgP5170324.jpg

フロントブレーキマスター・・・ブレーキフルードも古くなり変色してしまっています。
P5170326.jpgP5170327.jpg
P5170328.jpg

ブレーキレバーを握った時にゴリゴリした感覚がありますのでマスターシリンダーの清掃を行っていきます。
P5170331.jpgP5170332.jpg
P5170336.jpg

マスターシリンダーのピストンを抜き取ります。
再利用はダメな部品ですので新品に交換していきます。
組付け時はグリースを塗布しながら組み付けしていきます。
P5170337.jpgP5170338.jpg
P5170340.jpg

ブレーキキャリパー・・・
P5170325.jpgP5170341.jpg

ブレーキキャリパーのピストンは固着してきていましてピストンの動きがとっても悪いです。
ブレーキ関係は何かあると怖いですからバラして清掃していきます。
蜘蛛の巣まで作られてしまっています・・・
P5170342.jpgP5170343.jpg

取り外したキャリパーピストンはキレイに清掃磨きを行っていきます。
P5170345.jpgP5170352.jpg

キャリパー側のピストンが装着されていた箇所にはブレーキフルードの漏れ防止の為
2つのOリングが装着されます。
Oリングが装着される溝の部分にゴミなどが溜まりOリングを押し出してピストンの動きを悪くします。
この溝の部分のゴミはちゃんと除去していきます。
P5170347.jpgP5170348.jpg

はぁ~い!!キレイになりました。
P5170350.jpg

キレイになったら新品のOリングを装着!!
P5170351.jpg

最後にピストンを装着!!ピストン挿入時は手で押し込める状態がベストな状態です。
P5170353.jpg

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキパッドの角は削り落としてあげます。
ブレーキパッドの裏のバックプレートには耐震耐熱に優れたパッドグリースを塗布していきます。
P5170354.jpgP5170355.jpg

最後に新品のブレーキフルードを注入していきエア抜きをしっかりと!!
P5170356.jpg

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

クレアスクーピー 12ヶ月点検


こんにちはササキでございます。

堀江様 クレアスクーピーの12ヶ月点検ご依頼ありがとうございます。
P5270459.jpgP5270460.jpg

バッテリーは上がってしまいセルスターターが使用できない状態でしたのでバッテリー交換です。
装着されていたバッテリー電圧は6.87∨・・・
P5270461.jpg

新品バッテリー・・・初期充電を行い30分程放置した後の電圧は13.08∨これでセルスターターで
楽々エンジン始動ができますよ!!
P5290507_2014060611274836d.jpg

エアクリーナー・・・
P5270462.jpg

エアクリーナーのエレメントはまだ使用できる状態ですのでエアーブローにて終了です。
P5270463.jpgP5270464.jpg

駆動系の点検、整備です。
P5270465.jpgP5270466.jpg

エンジンの動力をリアタイヤに伝達させている大事な箇所です。
たくさんの細かいパーツにて構成されていますので一つ一つ点検していきましょう。
P5270467.jpg

クラッチアウター・・・
P5270468.jpg

クラッチアウターの内部にはクラッチシューの削れカスが溜まってますので除去していきます。
P5270469.jpgP5270470.jpg

クラッチシュー・・・見た目で判断できる程クラッチのライニング部が消耗しており薄くなってしまっています。
P5270471.jpgP5270472.jpg

クラッチライニングをノギスにて計測してみると・・・1.4mm
クラッチライニングの使用限度は2.0mmですので交換時期です。
P5270473.jpgP5270475.jpg

クラッチライニングにリコールが発生しておりましたので無償にて修理できます。

リコール対象車:クレアスクーピーAF55ー1410647~AF55ー1501793こちらの車体番号の車両が対象となります
今現在お乗りでリコール処理した記憶のない方、1度問い合わせ頂ければ調べることも可能です。
P5290508.jpgP5290509.jpg

Vベルト・・・ベルトが切れてしまうとエンジンの始動はできても走行は出来なくなります。
新品時のベルト幅は18.15mm
使用限度のベルト幅は17.15mm
只今装着のベルト幅は18.00mm
まだ使用可能です。
P5270476.jpgP5270477.jpg

プーリー・ウェイトローラー・・・特に大きな段付き消耗など見受けられませんので使用していきます。
P5270479.jpgP5270480.jpg

プラグは新品に交換です。
P5270481.jpg

リアブレーキの整備です。
まずはマフラーを取り外して・・・
P5270482.jpgP5270483.jpg

ホイールを取り外すとブレーキシューが現れます。
P5270484.jpgP5270485.jpg
P5270486.jpg

ブレーキシューのリンク部には古いグリースと共にゴミなどが付着しております。
リンク部の動きを悪くする原因となりますので清掃して新たにグリースUPしていきます。
P5270487.jpgP5270488.jpg

ブレーキシュー・・・
P5270489.jpg

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキシューの角は削り落としてあげます。
P5270490.jpgP5270491.jpg

フロントブレーキ・・・
P5270494.jpg
P5270495.jpgP5270496.jpg

リアブレーキと同様にリンク部は清掃してグリースUPしていきます。
P5270498.jpgP5270501.jpg

リアもブレーキシューの角を削り落としてあげます。
P5270502.jpgP5270503.jpg

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

バルカン400 車検整備

ご依頼ありがとうございます。

遠方で購入との事なので、これからも当店をよろしくお願い致します。
CIMG0269.jpg


フロントブレーキから見ていきましょう
CIMG0270.jpg CIMG0271.jpg
CIMG0272.jpg
汚れ具合は納車して1年未満ならこんなもんでしょう。

キャリパーピストンに染み汚れはありますが、清掃するとこんな感じです。
動きはすこぶる快調なのでシールのコンディションは悪くないですね。
シリコングリス塗布でフィニッシュです
CIMG0273.jpg CIMG0274.jpg

ブレーキパッドは残量もありますのでまだまだ使えます。
CIMG0276.jpg 


面取りが浅くなっていますので、面取りをして鳴き止グリスを塗布して完了です。
CIMG0277.jpg CIMG0278.jpg
CIMG0279.jpg

キャリパーボディーも清掃して組み付け
CIMG0275.jpg CIMG0280.jpg

フルードも交換
CIMG0281.jpg CIMG0282.jpg

綺麗になったフルード、少しエアも抜けました。
CIMG0283.jpg

コイツは突起物扱いで車検NGですので変更させて頂きます。
バイクが倒れた時に隣に誰かいたら・・・どうか置く場所には気をつけて下さい。
ビレット物はスリーブ一体なので丸ごと当店にある物に交換です
CIMG0284.jpg CIMG0285.jpg
CIMG0286.jpg

プラグはまだ交換時期では無いので清掃で対応してあります。
CIMG0287.jpg CIMG0289.jpg

Rまわりの整備です。ちらかっててすません。
CIMG0290.jpg

ブレーキシュー
CIMG0292.jpg CIMG0291.jpg

エアブローだけでダスト汚れはけっこう落ちます
CIMG0295.jpg

ハブ側もダストはかなり溜まりますので、エアブローして軽くペーパーを当ててあります。
CIMG0293.jpg CIMG0296.jpg

ブレーキシューは面取りしていなかったようなので、新たに面取りしてあります。
CIMG0299.jpg

鳴き止グリスも古い物は清掃して新たに塗布してあります。
CIMG0297.jpg CIMG0300.jpg

アクスルシャフトの状態は良いですね。グリスは新たに塗布してあります。
写真を撮り忘れましたがフロント側も同様の作業を行っています。
CIMG0301.jpg

テールランプが付かなかったのは、配線の繋ぎ間違いでショートしてヒューズが飛んでいたようです。
CIMG0302.jpg
配線を直して、ヒューズも交換してあります。

バッテリーのチェックです。
待機時
CIMG0303.jpg

アイドリング時
CIMG0304.jpg

回転を上げた時
CIMG0306.jpg

待機時もやや低めですが、アイドリング時はさらに下がっています。
アイドリングの回転数が低すぎる為、このような状態になっていました。

バルカンはアイドル低めの方がそれっぽい音がしてカッコ良いので、みなさんそうしがちですが
バッテリーには悪影響です。

車両によって様々ですが、低めの回転数だと発生電流と消費電力のバランスが取れずにこーいう状態になる時もあります。

現在はまだバッテリーが生きているので、待機電力を保っていられてエンジンを掛けられていますが
この状態は寿命を早めていると見て良いでしょう。

特に音量の大きいマフラーですと、音がうるさいので規定アイドル値だとかなり迷惑になりますので
仕方なくこうなる時もあり・・・

頭に電流のイメージを持って乗るようにして下さい。
長時間のアイドリング暖気等はバッテリーに負担が掛かっている事をお忘れなく。

エアエレメントはスポンジタイプ、かなり綺麗ですね。エアブローで対応してありますが
特別汚れているわけではありませんでした。
CIMG0307.jpg

吸気制限付きですね
CIMG0308.jpg

そんなキャブレターはガソリンが滲んでいますので修理です。
CIMG0309.jpg

主原因はパッキン類ですね
CIMG0314.jpg CIMG0315.jpg

底部に液体ガスケットの様な物が沈殿していましたので、少し塗ってあったのかもしれません。
CIMG0311.jpg

Oリングの付ける位置が違いますが・・・何だか液体ガスケットの様な物で埋めてありますね。
CIMG0317.jpg CIMG0316.jpg

あれ、ダイアフラムのとこにスプリングも入ってないぞ
CIMG0318.jpg

と思ったら、加速ポンプ殺してありますね・・・プッシュロッドが折り取られて加速ポンプが作用しないようになってます。
この方が調子取りやすいっちゃ取りやすいのでそーいう風にしたのかな?
特別調子が悪いわけではないので、このまま乗っていても弊害は無さそうですね。

ただ、ガソリンが漏れる事と加速ポンプの生死は関係無いのでパッキン類交換して損はありませんよ。

Oリングはこの位置が正解。フロートチャンバーのパッキンと加速ポンプ部からの漏れもありましたので、
ダイアフラム、Oリングを交換してあります。
CIMG0320.jpg CIMG0321.jpg

その他、中も確認しておきましたよ。ジェト類はスタンダードのままでしたね、オーナー様の仕様範囲で問題が無ければこのままでも良いかも知れませんが、濃い目に振った方がトルクもでてなお良いです。
CIMG0322.jpg

ん~なんかフロート歪んでるな~
CIMG0324.jpg
多少のサビの混入も確認出来ましたので、このフロートの状態と相まって予期せぬオーバーフローも考えられる範疇ですね、停めておくときはガソリンコックをOFFにしておいて下さい。
フロートバルブ自体の損傷はありませんでした。

チョークケーブルはアウターが折れてしまっていたので、ついでに交換です。
こちらの車両、加速ポンプを殺しているので、チョークを使う場面もあるかと思います。
使えるっちゃー使えるけど、キャブを外した時に作業した方が良いですし、早めの予防整備ですね。
CIMG0323.jpg

ラジエーターホースからの水漏れも有りましたので、クーラントも交換です。
CIMG0325.jpg

キャップ・ラジエーター間の水漏れがありますので、ホース交換です。
傷んだホースとクーラントの結晶もせいで滲んでます。カリカリと結晶を落としてから交換作業です。
CIMG0327.jpg CIMG0328.jpg

キャップ・ヘッド間に漏れはありませんでしたが、ホースも余ったしついでに交換してあります。
写真に写っている、キャップの左右のホースを交換しておきました。
CIMG0329.jpg

エンジンオイル交換。次回交換時期は左サイドカバー内に貼らせていただきましたので参考にして下さい。
CIMG0330.jpg CIMG0331.jpg

あと、クラッチケーブルの注油や、チェーン調整だとかやってあります。
チェーンはそのうち交換して下さいね!

あとはフロントインナーチューブに曲がりの疑いがあるので、どんな挙動が出るか試乗して確認しておきます。

車検は無事取得しておりますので、もうしばらくお待ちください。


津田沼 カネコ


↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


PROFILE

CLUB ZENITH

Author:CLUB ZENITH


クラブゼニス
・千葉県船橋市宮本9-10-1
・ TEL 047-495-8198


クラブゼニスは1991年の創業以来、お客様への安心と信頼をお届けする事をモットーとして、国土交通省関東運輸局の認証を得た店舗にて、Harley-Davidsonを始め、国内外オートバイの車両販売、買い取り、カスタム車の製作、車検、修理、レストア、金属加工、各種保険などをお取り扱いしております。
みなさまのご来店をお待ちしております。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2014