Staff Blog・Event

CLUB ZENITHのスタッフが、技術的なお役立ち情報や日々の出来事・個人的な欲求・各種ネタ等を、赤裸々に綴っております。

Category: [車検整備]国産車

CD125T 納車整備


こんにちはササキでございます。

山田様 CD125Tご成約ありがとうございます。
画像 252画像 253
画像 301

エアクリーナー・・・エアクリーナーのエレメントはボロボロになってしまっています。
画像 304画像 305

新品に交換していきます。
画像 321画像 322

キャブレーターを取り外し・・・
画像 307

キャブレーターをバラすとサビのような物が流れ込んでいますので清掃を行っていきます。
ガソリンタンク内には多少のサビが発生しているようですのでタンク内のサビ取りコーティングを行います。
画像 308画像 309

キャブレーター内部のパーツ類は取り外して洗浄していきます。
画像 311画像 312

フロートの蓋側もキレイにしていきます。
画像 310画像 313

フロートバルブ、メインジェット、スロージェット、ガスケットなどは全て新品に交換です。
画像 314画像 315

組付け・・・キレイになりました。
画像 316

キャブ本体もキレイになり完成です。
画像 317画像 318

キャブレーターとエアクリーナーを連結させているインシュレーターに亀裂が入ってしまっているので
こちらも新品に交換です。
画像 320画像 319

オイル交換です。
画像 263

次はリアブレーキです。
画像 264画像 265

リアのホイールを取り外します。
画像 268
画像 269画像 270

ホイール側のブレーキ内部にはゴミや汚れが大量です。
ブレーキの効きに影響を及ぼしてしまいますのでキレイに清掃していきます。
画像 272画像 273

ブレーキパネルからブレーキシューを取り外します。
画像 274画像 275

ブレーキシューのリンク部分にはグリース切れを起こしているのと汚れやゴミの付着が凄いです。
キレイに清掃していき新たにグリースを塗布していきます。
リンク部分はスムーズに回転動作ができないといけません。
画像 276画像 277

ブレーキシュー・・・多少消耗していますので新品に交換です。
画像 278

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキシューの角は削り落としてあげます。
画像 279画像 281

完成!!
画像 282

リアタイヤ・・・スリップサインが出ていますので新品に交換です。
当然チューブも新品に交換です。
画像 283画像 284

ドライブチェーン・・・カバーで見えない箇所ですのでカバーを外すとチェーンは腐食しておりアウトです。
画像 266画像 267

チェーンも新品に交換です。
画像 285画像 286

フロントブレーキ・・・
画像 287画像 288

リア同様にホイールを取り外していきます。
画像 289
画像 290画像 291

ホイール側のブレーキ内部に付着している汚れやゴミは除去していきます。
画像 292画像 293
画像 294

ブレーキシューのリンク部分はリアブレーキと同じように汚れや付着しているゴミは除去していき
清掃後は新たにグリースを塗布していきます。
画像 296画像 297
画像 298画像 299

フロントもブレーキシューは新品に交換です。
画像 300

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキシューの角は削り落としてあげます。
画像 301画像 302

フロントブレーキ完成!!
画像 303

フロントタイヤも新品に交換です。チューブも新品です。
画像 304画像 305

バッテリー電圧は通常時12.89V問題ない電圧です。
エンジンのかかっている時に発生する電圧・・・充電電圧は14.14V こちらも問題ない電圧まで上昇しています。
画像 306画像 307

ここまでの作業にて一通りの作業は済み試乗へ・・・
試乗をしているとクラッチの張り付き症状がどんどん酷くなっていき・・・このままでは納車できません。

お客様をお待たせしているので申し訳ありませんがクラッチプレートの交換です。

オイル交換したばかりのオイルを抜きマフラーなどを取り外していきます。
画像 308画像 309

エンジンカバーを取り外してクラッチをバラしていきます。
画像 310画像 311

取り外したクラッチプレート・・・
画像 312画像 313

新品のクラッチプレート・・・
画像 314画像 315

新品のクラッチプレートを組み付ける際にはオイルにまぶしながら組み付けしていきます。
画像 321

クラッチ完成!!
画像 322

カバーのキックシャフト部分のオイルシールも新品に交換していきます。
画像 318画像 320

当たり前のことですが・・・クラッチカバーのガスケットも新品に交換です。
画像 323

もう古いバイクになりますので交換部品がたくさんでした。
交換部品が増えれば増える程、当店の利益は減っていきますが・・・
ここまで部品交換を行い整備すれば少しでも安心して走行することができるでしょう!!

大変お待たせいたしました

当店は中古車でも6ヶ月もしくは3000kmの保証付きですので
不具合など気になる箇所がある場合はお気軽にご連絡下さい。


有難うございます。

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

バルカン400 納車整備

こんにちはササキでございます。

音田様 バルカン400ご成約ありがとうございます。
納車整備を行っていきます。
画像 137画像 135

フロントフォークのシールがダメになっておりフォークオイルが滲み出てきてしまっていますので
フロントフォークのO/Hを行っていきます。
画像 252

まずは車体をジャッキUPしてフロントフォークを取り外していきます。
画像 251画像 253

フォークを車体から取り外したらフォーク内部のオイルを抜きます。
画像 254画像 255

フォークをすべてバラバラにしていきます。
画像 256

オイルシール、ダストシールが装着されていた箇所にはサビや汚れが付着しております。
画像 258画像 259

清掃、磨きを行っていきます。
画像 260

取り外したシールと新品のシールです。
画像 261

左画像が取り外したシール右画像は新品のシールです。
画像 262画像 263

新品のオイルシールをフォークシールドライバーにて挿入していきます。
画像 264画像 265

オイルシールが装着できたらクリップを入れてダストシールを組み付けていきます。
画像 266画像 267

フォークの組み立てができたらトップナット部からフォークオイルを注入していきます。
10Gのフォークオイルを使用
分解組み立て時のフォークオイル量は340±4ml
オイルレベルは292±2mm
画像 268

フロントホイールです。
画像 269

ホイールのベアリングがダメになってしまっていますので交換していきます。
シールを取り外すとベアリングが現れます。
ベアリングがグリース切れを起こして腐食が発生しております。
画像 270画像 271

ベアリングプーラーを使用してベアリングを取り外していきます。
画像 272

ベアリングを取り外した箇所はキレイに清掃して新品部品を組み付けていきます。
画像 273画像 274

左画像が取り外したベアリングとシールです。右画像が新品部品です。
画像 275画像 276

ベアリングを圧入していきシールを組み付けて完成です。
画像 277画像 278

フロントブレーキキャリパー・・・
画像 279

キャリパーサポートとブレーキパッドを取り外していきます。
画像 280画像 281

ブレーキパッドを取り外すとキャリパーピストンが現れます。
画像 282

キャリパーピストンはギリギリまで出して清掃、磨きを行い新たにグリースを塗布していきます。
新たにグリースを塗布した後ピストンを押し戻していきます。
ピストンは手で押し戻せる状態がベストです。
ピストンの動きが悪いとブレーキの効きに影響しますのでダメな場合はキャリパーのO/Hが必要となります。
画像 284画像 287

ブレーキパッド・・・
画像 291

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキパッドの角は削り落としてあげます。
画像 292画像 293

キャリパーサポートが曲がってしまっているので交換です。
バルカンのキャリパーサポートは弱いですね・・・過去にも数台交換しております。
画像 300

組付け完了!!
画像 303画像 304

ブレーキマスター・シリンダー・・・
画像 289

ブレーキフルードもオイル同様に年月と共に酸化して性能が低下していきますので
定期的な交換が必要となります。
ブレーキフルードの交換、エア抜きを行い終了です。
画像 290画像 294

エアクリーナー・・・
画像 297

エアクリーナーのエレメントはキレイな状態ですのでエアーブローのみで終了です。
画像 298画像 299

オイル交換です。オイル交換は3000kmもしくは6ヶ月が交換時期となります。
オイルエレメントはオイル交換2回にたいして1度交換します。
画像 295画像 296

クラッチワイヤー・・・ワイヤー内部に潤滑剤を流し込んでいきワイヤーの動きを少しでも軽くなるようにしていきます。
画像 305

リアブレーキ・・・
画像 306画像 307

取り外したリアホイールです。
画像 308画像 309

ホイール側のブレーキ内部にはブレーキシューの削れカスや汚れが付着していますので除去していきます。
画像 310画像 311
画像 312画像 314

ブレーキシューをブレーキパネルから取り外します。
画像 315画像 316

ブレーキシューの動作にとても重要なリンク部分の古いグリースや汚れは清掃、磨きを行い
新たにグリースを塗布していきます。
リンク部分はスムーズに回転してくれないといけません。
画像 317画像 319

ブレーキシュー・・・
画像 320

フロントのブレーキパッド同様にブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為に
ブレーキシューの角は削り落としてあげます。
画像 321画像 322

ドライブチェーン・・・チェーンもグリースと共にゴミや汚れが付着してしまっているので清掃していきます。
画像 323画像 324

洗浄しましたら新たにチェーングリースを塗布していきます。
画像 325画像 326

長々とすみませんでした。
ありがとうございます。

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

台湾シグナス 12ヶ月点検


おはようございます。ササキでございます。

中尾様 台湾シグナスの12ヶ月点検ご依頼有難うございます。

台湾シグナスを購入してしまいフューエルポンプのリコールが行われておらず困っていましたので
社外の強化ポンプに交換しました車両です。
フューエルポンプ交換の記事はこちら

画像 251画像 252

まずはバッテリー電圧・・・通常時のバッテリー電圧は12.44∨まだ使用できる状態です。
エンジンのかかっている時に発生する電圧・・・充電電圧は14.25Vこちらも大丈夫です。
画像 253画像 254

シート下のカバーを取り外すと点火プラグが現れます。
画像 255

プラグ・・・まだ使用できる状態でしたので清掃、磨きを行い終了です。
画像 256画像 257

オイル交換・・・オイル交換は3000kmもしくは6ヶ月が交換時期となります。
画像 289

次はリアブレーキの点検です。まずはマフラーを取り外して・・・
画像 258画像 259

リアサス、サブフレーム、ホイールを取り外していきます。
画像 260

取り外したホイールです。
画像 261

ホイール側のブレーキ内部にはブレーキシューの削れカスがいっぱいです。
画像 262画像 263

ブレーキの効きに影響を及ぼしますので削れカスはキレイに除去していきます。
画像 264

ブレーキシューを取り外します。
画像 265画像 266

取り外したブレーキシューのリンク部分の古いグリースや汚れは清掃、磨きを行い
新たにグリースを塗布していきます。
リンク部分の動きが悪いとブレーキの効きに影響しますのでスムーズに動作してくれないといけません。
画像 267画像 268

ブレーキシュー・・・
画像 269

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキシューの角は削り落としてあげます。
画像 270画像 271

エアクリーナー・・・
画像 272画像 273

エアクリーナーのエレメントはとてもキレイな状態です。
タケガワ製のエレメントが装着されております。
画像 274画像 275

駆動系の点検です。エンジンの動力をリアタイヤに伝達している重要な箇所です。
画像 276画像 277

たくさんの細かいパーツにて構成されております。
画像 278

クラッチアウター・・・
画像 279

クラッチアウターの内部にはクラッチシューの削れカスなどが付着しております。
粘土質のカスが付着しているのでキレイに除去いたします。
画像 280画像 281

クラッチASSY・・・クラッチシューの残量はまだ使用できます。
画像 282画像 283

ドライブベルト・・・ベルトには使用限度があります。ベルトが消耗して切れてしまうと
エンジンの始動はできても走行出来ない状態となります。
新品時のベルト幅は22.0mm
使用限度のベルト幅は19.8mm
装着されているベルト幅は21.3mm
まだ使用出来る状態です。
画像 284画像 285

プーリー・・・フェイス面に特に大きな段付き摩耗等はありませんので大丈夫です。
画像 286画像 287

ウェイトローラー・・・こちらも大きな摩耗は見られませんので大丈夫です。
画像 288

フロントブレーキ・・・
画像 290画像 291

ブレーキキャリパー・・・ブレーキパッドを取り外していきます。
画像 295画像 296

ブレーキキャリパーのピストンはギリギリまで出して清掃、磨きを行い新たにグリースを塗布していきます。
グリースを塗布した後ピストンを押し戻していきます。
ピストンは手で押し戻せる状態がベストです。
ピストンの動きが悪い場合はキャリパーのO/Hが必要となります。
画像 297画像 298

ブレーキパッド・・・ちょっと消耗してきていますが、まだ使用できます。
画像 299

ブレーキパッドの裏のバックプレートには耐久、耐熱に優れたパッドグリースを塗布していきます。
画像 300

パッドピン・・・細かいパーツですが細かいパーツも清掃、磨きを行いグリースを塗布していきます。
画像 301画像 302

ハンドルカバーとメーターカバーを取り外します。
画像 292画像 293

カバーの中にはブレーキのマスター・シリンダーがあります。
画像 294

ブレーキフルードもオイル同様に年月と共に酸化して性能が低下していきますので
定期的な交換が必要となります。
下の画像がビフォー・アフターですがフルードの色の違いが判ると思います。
画像 303画像 304

お待たせ致しました。
ありがとうございます。

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


Category: [車検整備]国産車

ドラッグスター400クラシック 12ヶ月点検


こんにちはササキでございます。

島様 ドラッグスター400クラシックの12ヶ月点検ご依頼有難うございます。
画像 251

まずはバッテリーの状態をチェック!!
通常時のバッテリー電圧は12.73V・・・12.7V前後電圧があれば問題ありません。
エンジンのかかっている時に発生する電圧・・・充電電圧は14.07Vこちらも問題ありません。
画像 252画像 253

エンジンオイル交換・・・オイル交換は3000kmもしくは6ヶ月が交換時期となります。
今回はオイル交換のみですので次回はオイルエレメントも交換が必要となります。
オイルエレメントの交換はオイル交換2回にたいして1度交換します。
画像 254

ドラッグスターやスティードのオイル交換をされる時には下の画像の工具があると楽に作業ができます。
画像 255

点火プラグ・・・清掃、磨きを行い再使用です。
画像 256画像 257

エアクリーナー・・・
画像 258画像 259

エアクリーナーのエレメントはとてもキレイな状態ですのでエアーブローのみで終了です。
画像 260

リアブレーキの点検整備を行っていきます。
画像 261画像 262
画像 263

取り外したホイールの・・・
画像 264画像 265

ホイール側のブレーキ内部にはブレーキシューの削れカスが少しあります。
キレイに除去していきます。
画像 266画像 267

ブレーキパネル・・・ブレーキシューを取り外します。
画像 268画像 269

取り外したブレーキシューのリンク部の古いグリースや汚れは除去していきます。
清掃、磨きを行い新たにグリースを塗布していきます。
このリンク部の動きが悪いとブレーキの効きに影響を及ぼします。
画像 270画像 271

ブレーキシュー・・・
画像 272

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキシューの角は削り落としてあげます。
画像 273画像 274

フロントブレーキ・・・
画像 275画像 276

ブレーキキャリパー・・・
画像 277

ブレーキパッドを取り外すとブレーキのピストンが現れます。
こちらのピストンもスムーズに作動してくれないといけません。
画像 278画像 279

キャリパーのピストンはギリギリまで出して清掃、磨きを行い新たにシリコーングリースを塗布していきます。
グリースを塗布した後ピストンを押し戻していきます。
手で押し戻せる状態がベストです。
ピストンの動きが悪い場合はキャリパーのO/Hが必要となります。
画像 280画像 281

ブレーキパッド・・・
画像 282

リアブレーキのブレーキシュー同様に
ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキパッドの角は削り落としてあげます。
画像 283画像 284

ブレーキパッドの裏のバックプレートには耐久、耐熱に優れたパッドグリースを塗布していきます。
画像 285

ブレーキフルードの量を確認してエア抜きを行っていきます。
次回の車検時にはブレーキフルードの交換が必要となります。
画像 286

お待たせいたしました。
ありがとうございます。

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


PROFILE

CLUB ZENITH

Author:CLUB ZENITH


クラブゼニス
・千葉県船橋市宮本9-10-1
・ TEL 047-495-8198


クラブゼニスは1991年の創業以来、お客様への安心と信頼をお届けする事をモットーとして、国土交通省関東運輸局の認証を得た店舗にて、Harley-Davidsonを始め、国内外オートバイの車両販売、買い取り、カスタム車の製作、車検、修理、レストア、金属加工、各種保険などをお取り扱いしております。
みなさまのご来店をお待ちしております。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2015