Staff Blog・Event

CLUB ZENITHのスタッフが、技術的なお役立ち情報や日々の出来事・個人的な欲求・各種ネタ等を、赤裸々に綴っております。

Category: [車検整備]国産車

ゴリラ 白煙仕様

ものすごく白煙を吹いていたゴリラの修理です。
ご自身でピストンシリンダー周りを組み直してみたんですけど、やっぱり直らないとの事で修理依頼です。

まずはヘッド周りを見てみないとね~って事で分解です。

久しぶりの6V車
P1263055.jpg

え~まず、トップカバーの向きが逆です。この矢印は下向きです。
覚えられない方は混合器の流れる向きと覚えて下さい
DSC_0015.jpg

ロッカーアームシャフトの向きも逆です。外側にネジ山がある方で組んで下さい。
P1173043.jpg DSC_0011.jpg


ピストンも逆組みです。INマークはキャブ側ですね。オフセット量が違うのでNGです。
P1173041.jpg


白煙の主原因はココ。ステムシールが付いていませんでした・・・。
オーナー様も触っていない部分ですので、以前のオーナーの時に組み忘れた!?んでしょう。
確実にエンジンは誰かの手が入っています。
DSC_0009_20140130123432ede.jpg
DSC_0010.jpg

ヘッド・シリンダー間のノックピンも入っていなかったのでなかなかドキドキするエンジンです。
念のため、シリンダー・ケース間のノックピンも新品にしてあります。
ノックピンが無いとセンターが出せませんので短命なエンジンになるでしょうね。
DSC_0004.jpg

ここも気をつけて下さいね。ケース側のガスケットが当たっているので余分なガスケットはカットしてから組んで下さい。場合によってはケース本体を少し削って下さい。今回はガスケットのみで対応。
DSC_0001_20140130123427f0f.jpg DSC_0002_20140130123428af2.jpg

カーボン除去中
DSC_0020.jpg

INバルブは消耗がすごいので新品交換、摺り合わせ。EXは磨きのみ。
あまりやり過ぎると新品社外ヘッドとか買えちゃう金額になるので、最低限の交換です。
DSC_0008.jpg

ざっとカーボンも落ちました
DSC_0006.jpg

EXバルブのカーボンは強烈過ぎました・・・。
DSC_0013.jpg

タペットも再調整してあります。
DSC_0016_20140130124611e41.jpg


オイルを抜いた時に鉄粉が多く感じたので、次回のオイル交換は早めに行って下さい。

カネコ ↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


PROFILE

CLUB ZENITH

Author:CLUB ZENITH


クラブゼニス
・千葉県船橋市宮本9-10-1
・ TEL 047-495-8198


クラブゼニスは1991年の創業以来、お客様への安心と信頼をお届けする事をモットーとして、国土交通省関東運輸局の認証を得た店舗にて、Harley-Davidsonを始め、国内外オートバイの車両販売、買い取り、カスタム車の製作、車検、修理、レストア、金属加工、各種保険などをお取り扱いしております。
みなさまのご来店をお待ちしております。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017