Staff Blog・Event

CLUB ZENITHのスタッフが、技術的なお役立ち情報や日々の出来事・個人的な欲求・各種ネタ等を、赤裸々に綴っております。

Category: [車検整備]国産車

バルカン400 車検整備

ご依頼ありがとうございます。

遠方で購入との事なので、これからも当店をよろしくお願い致します。
CIMG0269.jpg


フロントブレーキから見ていきましょう
CIMG0270.jpg CIMG0271.jpg
CIMG0272.jpg
汚れ具合は納車して1年未満ならこんなもんでしょう。

キャリパーピストンに染み汚れはありますが、清掃するとこんな感じです。
動きはすこぶる快調なのでシールのコンディションは悪くないですね。
シリコングリス塗布でフィニッシュです
CIMG0273.jpg CIMG0274.jpg

ブレーキパッドは残量もありますのでまだまだ使えます。
CIMG0276.jpg 


面取りが浅くなっていますので、面取りをして鳴き止グリスを塗布して完了です。
CIMG0277.jpg CIMG0278.jpg
CIMG0279.jpg

キャリパーボディーも清掃して組み付け
CIMG0275.jpg CIMG0280.jpg

フルードも交換
CIMG0281.jpg CIMG0282.jpg

綺麗になったフルード、少しエアも抜けました。
CIMG0283.jpg

コイツは突起物扱いで車検NGですので変更させて頂きます。
バイクが倒れた時に隣に誰かいたら・・・どうか置く場所には気をつけて下さい。
ビレット物はスリーブ一体なので丸ごと当店にある物に交換です
CIMG0284.jpg CIMG0285.jpg
CIMG0286.jpg

プラグはまだ交換時期では無いので清掃で対応してあります。
CIMG0287.jpg CIMG0289.jpg

Rまわりの整備です。ちらかっててすません。
CIMG0290.jpg

ブレーキシュー
CIMG0292.jpg CIMG0291.jpg

エアブローだけでダスト汚れはけっこう落ちます
CIMG0295.jpg

ハブ側もダストはかなり溜まりますので、エアブローして軽くペーパーを当ててあります。
CIMG0293.jpg CIMG0296.jpg

ブレーキシューは面取りしていなかったようなので、新たに面取りしてあります。
CIMG0299.jpg

鳴き止グリスも古い物は清掃して新たに塗布してあります。
CIMG0297.jpg CIMG0300.jpg

アクスルシャフトの状態は良いですね。グリスは新たに塗布してあります。
写真を撮り忘れましたがフロント側も同様の作業を行っています。
CIMG0301.jpg

テールランプが付かなかったのは、配線の繋ぎ間違いでショートしてヒューズが飛んでいたようです。
CIMG0302.jpg
配線を直して、ヒューズも交換してあります。

バッテリーのチェックです。
待機時
CIMG0303.jpg

アイドリング時
CIMG0304.jpg

回転を上げた時
CIMG0306.jpg

待機時もやや低めですが、アイドリング時はさらに下がっています。
アイドリングの回転数が低すぎる為、このような状態になっていました。

バルカンはアイドル低めの方がそれっぽい音がしてカッコ良いので、みなさんそうしがちですが
バッテリーには悪影響です。

車両によって様々ですが、低めの回転数だと発生電流と消費電力のバランスが取れずにこーいう状態になる時もあります。

現在はまだバッテリーが生きているので、待機電力を保っていられてエンジンを掛けられていますが
この状態は寿命を早めていると見て良いでしょう。

特に音量の大きいマフラーですと、音がうるさいので規定アイドル値だとかなり迷惑になりますので
仕方なくこうなる時もあり・・・

頭に電流のイメージを持って乗るようにして下さい。
長時間のアイドリング暖気等はバッテリーに負担が掛かっている事をお忘れなく。

エアエレメントはスポンジタイプ、かなり綺麗ですね。エアブローで対応してありますが
特別汚れているわけではありませんでした。
CIMG0307.jpg

吸気制限付きですね
CIMG0308.jpg

そんなキャブレターはガソリンが滲んでいますので修理です。
CIMG0309.jpg

主原因はパッキン類ですね
CIMG0314.jpg CIMG0315.jpg

底部に液体ガスケットの様な物が沈殿していましたので、少し塗ってあったのかもしれません。
CIMG0311.jpg

Oリングの付ける位置が違いますが・・・何だか液体ガスケットの様な物で埋めてありますね。
CIMG0317.jpg CIMG0316.jpg

あれ、ダイアフラムのとこにスプリングも入ってないぞ
CIMG0318.jpg

と思ったら、加速ポンプ殺してありますね・・・プッシュロッドが折り取られて加速ポンプが作用しないようになってます。
この方が調子取りやすいっちゃ取りやすいのでそーいう風にしたのかな?
特別調子が悪いわけではないので、このまま乗っていても弊害は無さそうですね。

ただ、ガソリンが漏れる事と加速ポンプの生死は関係無いのでパッキン類交換して損はありませんよ。

Oリングはこの位置が正解。フロートチャンバーのパッキンと加速ポンプ部からの漏れもありましたので、
ダイアフラム、Oリングを交換してあります。
CIMG0320.jpg CIMG0321.jpg

その他、中も確認しておきましたよ。ジェト類はスタンダードのままでしたね、オーナー様の仕様範囲で問題が無ければこのままでも良いかも知れませんが、濃い目に振った方がトルクもでてなお良いです。
CIMG0322.jpg

ん~なんかフロート歪んでるな~
CIMG0324.jpg
多少のサビの混入も確認出来ましたので、このフロートの状態と相まって予期せぬオーバーフローも考えられる範疇ですね、停めておくときはガソリンコックをOFFにしておいて下さい。
フロートバルブ自体の損傷はありませんでした。

チョークケーブルはアウターが折れてしまっていたので、ついでに交換です。
こちらの車両、加速ポンプを殺しているので、チョークを使う場面もあるかと思います。
使えるっちゃー使えるけど、キャブを外した時に作業した方が良いですし、早めの予防整備ですね。
CIMG0323.jpg

ラジエーターホースからの水漏れも有りましたので、クーラントも交換です。
CIMG0325.jpg

キャップ・ラジエーター間の水漏れがありますので、ホース交換です。
傷んだホースとクーラントの結晶もせいで滲んでます。カリカリと結晶を落としてから交換作業です。
CIMG0327.jpg CIMG0328.jpg

キャップ・ヘッド間に漏れはありませんでしたが、ホースも余ったしついでに交換してあります。
写真に写っている、キャップの左右のホースを交換しておきました。
CIMG0329.jpg

エンジンオイル交換。次回交換時期は左サイドカバー内に貼らせていただきましたので参考にして下さい。
CIMG0330.jpg CIMG0331.jpg

あと、クラッチケーブルの注油や、チェーン調整だとかやってあります。
チェーンはそのうち交換して下さいね!

あとはフロントインナーチューブに曲がりの疑いがあるので、どんな挙動が出るか試乗して確認しておきます。

車検は無事取得しておりますので、もうしばらくお待ちください。


津田沼 カネコ


↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


PROFILE

CLUB ZENITH

Author:CLUB ZENITH


クラブゼニス
・千葉県船橋市宮本9-10-1
・ TEL 047-495-8198


クラブゼニスは1991年の創業以来、お客様への安心と信頼をお届けする事をモットーとして、国土交通省関東運輸局の認証を得た店舗にて、Harley-Davidsonを始め、国内外オートバイの車両販売、買い取り、カスタム車の製作、車検、修理、レストア、金属加工、各種保険などをお取り扱いしております。
みなさまのご来店をお待ちしております。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017