Staff Blog・Event

CLUB ZENITHのスタッフが、技術的なお役立ち情報や日々の出来事・個人的な欲求・各種ネタ等を、赤裸々に綴っております。

Category: [車検整備]国産車

ガス漏れ修理

こんにちはササキでございます。

松井様 アプリオの修理ご依頼ありがとうございます。

今回ご依頼された車両は最近、他店にて購入された車両ですが・・・
当店に修理ご依頼下さいました。

当店は他店にて購入された車両でも修理致します!!
ご相談下さい。

画像 248画像 249

キャブレーター部からガソリン漏れを起こしていますのでキャブレーターの清掃をしないとダメです。
まずは外装を取り外していきます。
画像 250画像 251
画像 251画像 253

エアクリーナー・・・エレメントがダメになってしまっているとキャブレーターを掃除しても意味が
無くなってしまいますので確認です。問題ない状態です。
画像 254画像 255

キャブレーターとエンジンを連結しているインシュレーター・・・年月がたっている物ですと
大体ヒビ割れ等して交換しないといけない状態の物が多いですが
販売したお店にて交換してくれたらしく問題ない状態となっております。
画像 256

取り外したキャブレーターです。
画像 258

キャブレーターの中身は・・・汚いです・・・とても汚いです。清掃された形跡はありません。
画像 261画像 262

ジェット類やバルブは取り外して清掃していきます。
画像 263画像 264

ガソリンの通り道となる箇所はキャブクリーナーを使用してキレイに清掃していきます。
画像 267画像 265

キレイになりました・・・画像で見てもキレイになったのが判断できると思います。
画像 268画像 269

フロートとジェット・・・細かいパーツでも大変重要なパーツですので清掃していきます。
画像 270

フロートのニードルバルブ・・・ガソリンの量を調整しているパーツの一つで消耗していると
規定量以上のガソリンが流れてしまいます。ガソリン漏れの原因にもなります。
装着されていたニードルバルブは消耗しておりますので新品に交換です。
画像 271

キャブレーターの中身も外見もキレイにして清掃完了です。
画像 272画像 274

今回の清掃で出た汚れです。
画像 273

ガソリンの漏れる原因としてもう1箇所発見しました。
フューエルコックです。
エンジンが始動している時に発生する負圧を利用してガソリンタンク内のガソリンをキャブレーターに
送っている箇所です。
コックがダメになっていてエンジンがかかっていなくてもガソリンが流れてきてしまっていました。
新品に交換です。
画像 275画像 276

フロントタイヤが消耗しておりますので交換です。
新品タイヤは最初一皮剥けるまで滑りやすい箇所などございますので気をつけて下さい。
画像 277画像 278

有難うございます。

津田沼店:ササキ








9月キャンペーン!!
ブリヂストンタイヤが50%OFF!!



↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


PROFILE

CLUB ZENITH

Author:CLUB ZENITH


クラブゼニス
・千葉県船橋市宮本9-10-1
・ TEL 047-495-8198


クラブゼニスは1991年の創業以来、お客様への安心と信頼をお届けする事をモットーとして、国土交通省関東運輸局の認証を得た店舗にて、Harley-Davidsonを始め、国内外オートバイの車両販売、買い取り、カスタム車の製作、車検、修理、レストア、金属加工、各種保険などをお取り扱いしております。
みなさまのご来店をお待ちしております。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017