Staff Blog・Event

CLUB ZENITHのスタッフが、技術的なお役立ち情報や日々の出来事・個人的な欲求・各種ネタ等を、赤裸々に綴っております。

Category: [車検整備]国産車

リトルカブ ボアアップ

ご依頼ありがとうございます。

20141002_114732.jpg


時間が無かったのでちょこっとしか画像ありませんが、簡単にご説明です。

今回はボアアップキット・クラッチキット・オイルポンプ・スプロケの交換です。

クラッチカバーを開けてみると・・・・
CIMG0733.jpg
乳化したオイルがドベーっと。

普段の使用状況は近所のみですか?一回の走行距離が短い物に多く見られる症状です。

これから気温も下がってくるので同じ使用状況ですと、ますますエンジンオイルが乳化しやすくなります。

意識的に、一回の走行できっちりエンジンを温めきって下さい。

と言っても普段の使用状況を変えるのはなかなか難しいので、そういった方はエンジンオイルの交換頻度を多くして下さい。

これは、熱量の少ない4ストミニバイク全般に言える事です。ご注意を!


今回はタケガワの製品を使用しましたので、指定オイルポンプに変更です。
CIMG0734.jpg CIMG0736.jpg
純正と比較画像は撮ってませんが、厚みが増していて大容量になっております。

クラッチもキットで交換
CIMG0737.jpg CIMG0738.jpg
クラッチは88ccにしたら必ず行って下さい。ほとんどの中古車はクラッチ滑ります。
ノーマルクラッチの状態が良くてもいずれ早いタイミングで滑りますので、こういった機会に行うのが良いでしょう。

キット物じゃなくても構いません。クラッチ板と強化スプリングのみでも良い場合もあります。
ココらへんは求める仕様と今後の改造の方向性によってチョイスが変わってきますのでご相談下さい。


いつ見ても小さい純正ピストン。カーボンてんこ盛り
CIMG0739.jpg

強化オイルポンプに変更するとオイル通路の拡大作業も同時作業になります。
よって腰上分解必須です。ボアアップ等、腰上分解作業時に行うのが効率的です。
切り粉が必ず出ますので、腰上・クラッチカバー両方とも分解できていないと作業できません。
CIMG0740.jpg CIMG0742.jpg
タケガワ指定オリフィス径があり、付属でドリル刃も付いてくるのですが、必要以上の大きさなんじゃないかと考えていますので、それより小さめな穴径にしてあります。

オイルポンプから吸い上げたエンジンオイルはヘッドとクランクシャフトに供給される仕組みですが、オリフィス径を大きくしすぎてヘッドばかりにオイルが行きがちでクランクシャフトに十分なオイルが供給されないのも、如何なものか。

どちらもすぐに影響が出て悪くなる物ではありませんが。長い目で見てもクランクシャフトが痛むのは避けたいですね。

オリフィス加工が終わったら、ヘドロまみれだったカバーも綺麗に清掃して組付け。
CIMG0744.jpg

今回組むキット。純正と比べると大きさの違いが一目瞭然
CIMG0745.jpg

シリンダー内は組付けペースト、ピストンはオイルまみれにしてから組みます。
CIMG0747.jpg CIMG0746.jpg
どっちをどう使っても問題はありません。施工のし易さの違いぐらいです。

ロッカーアームの消耗は少ないですね
CIMG0749.jpg

カムシャフトもキット付属にします。むしろコレが無いと面白くもなんともない。
CIMG0748.jpg

燃焼室はカーボンこってり。溶剤でざっと落としてあります。バルブ回りの清掃になるとさすがに別料金になりますので、ここまではボアアップ料金に含むサービスです。
CIMG0750.jpg CIMG0751.jpg

キャブレターも指定のPB16です。指定ジェットですんなり走りましたね。癖も無く乗りやすい。小径キャブ万歳w
CIMG0752.jpg

以上で作業完了です。

注意点として

燃料はハイオク指定、レギュラーでも走りますがハイオクに越した事は無いでしょう。

初回エンジンオイルは現在より500km後、慣らし運転も行って下さい。
その後も1000km程度での交換が理想です。

ドライブチェーンの間延びが確認出来ています。パワーが上がるとチェーンの負担も変わります。
現在のチェーンはソッコー伸びると思いますので、早めの交換を。その際は強化チェーンにしていただいた方が懸命です。

エンジンパワーを車速に変換するためスプロケの丁数を1丁変更してありますが、ご自身のいつも乗る道路で使い安いギア比になるのが理想です。そこまではこちらで判断出来るものではございませんので、意識的に乗って見てください。
この際、法定速度うんぬんの話は無視しますが(笑)お客様の使用範囲で一番長い直線を3速トップエンドでちょうど吹け切るぐらいが一つの目安になります。
吹け切るのが早ければエンジンの負担増になりますし、失速するようでしたら使えません(笑)
突き詰めると上り坂3速だと失速するし、2速だと吹け切っちゃうなんて、ミッションのギア比がイマイチなんて事にも。
もちろん、突き詰めるのであれば当社の猿神5速クロスミッションがお勧めです。

くれぐれも安全運転でね!

今回はスタンダードのエンジンオイルを使用していますが(慣らし用の捨てオイル)高性能オイルの存在も捨てがたいですね!

今後ともご相談くだされば、お客様に最適なチョイスをご提案できると考えていますので、よろしくお願いします。


カネコ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


PROFILE

CLUB ZENITH

Author:CLUB ZENITH


クラブゼニス
・千葉県船橋市宮本9-10-1
・ TEL 047-495-8198


クラブゼニスは1991年の創業以来、お客様への安心と信頼をお届けする事をモットーとして、国土交通省関東運輸局の認証を得た店舗にて、Harley-Davidsonを始め、国内外オートバイの車両販売、買い取り、カスタム車の製作、車検、修理、レストア、金属加工、各種保険などをお取り扱いしております。
みなさまのご来店をお待ちしております。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017