Staff Blog・Event

CLUB ZENITHのスタッフが、技術的なお役立ち情報や日々の出来事・個人的な欲求・各種ネタ等を、赤裸々に綴っております。

Category: [車検整備]国産車

アドレスV125G 12ヶ月点検


こんにちはササキでございます。

神賀様 アドレスV125Gの12ヶ月点検ご依頼ありがとうございます。
走行距離59,044km・・・今まで交換を要するような整備を1度も行ったことがないというので
消耗している箇所は多々あるでしょうから細かくチェックしていきたいと思います。
画像 248画像 249

バッテリー・・・
画像 250

バッテリー電圧は9.28∨・・・交換しなくてはいけない電圧です。
画像 253

バッテリーのマイナス端子部は腐食のせいで白くなってしまっています。
画像 251

プラスの端子部には過充電による結晶状になった異物が付着しております。
画像 252画像 256

バッテリー電解液を注入する箇所の蓋がグチャグチャになっております。
お客様に確認したところ無理やり蓋を外したらしく・・・
バッテリーの電解液が漏れてきてしまっております。

バッテリーの電解液は希硫酸ですので取り扱いを間違えると人体に支障をきたしますので気をつけて下さい。
画像 258画像 259

バッテリー自体も国内メーカーではないバッテリーが装着されております。
画像 257

国内メーカーのユアサ製バッテリーに交換です。
端子部分は磨いて腐食等は除去していきます。
画像 260画像 261

エンジンのかかっている時に発生する電圧・・・充電電圧は14.57∨問題ない状態です。
画像 320

点火プラグ・・・新品に交換です。
画像 263画像 264

リアブレーキの点検整備です。
まずはマフラーを取り外して・・・
画像 266画像 267

ホイールを取り外します。 
画像 268

外したホイールのブレーキ内部には削れたカスが溜まっております。
画像 270

ブレーキの効きが悪くなる原因ともなるでしょうから削れカスやゴミはキレイに除去していきます。
画像 271画像 272

画像 269画像 273

ブレーキシューのリンク部には古いグリースと共に汚れやゴミが付着しておりますので除去していきます。
画像 274

清掃、磨きを行ったら新たにグリースを塗布していきます。
画像 275画像 276

ブレーキシュー・・・
画像 277

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキシューの角は削り落としてあげます。
画像 278画像 279

エアクリーナー・・・
画像 280画像 281

エアクリーナーのエレメントは汚れと劣化でボロボロになってきていますので新品に交換です。
画像 318画像 317

完了!!
画像 319

次は駆動系の点検整備です。
エンジンの動力をリアタイヤに伝達する重要な箇所ですので細かくチェックしていきます。
画像 284画像 285

クラッチアウター・・・
画像 286

クラッチアウター内部には削れたカスがたっぷりです。
車両発進時にガタガタすると言われておりましたが、この削れカスが影響を及ぼしていた可能性は大です。
画像 287画像 288

クラッチアウター内部に溜まっていた削れカスはたくさんでしたが・・・
クラッチのシューはそれほど消耗している感じではありません。
画像 289画像 290

ウェイトローラー・・・多少の消耗はしておりますが特に大きな段付きなどの消耗はしていませんので再使用です。
画像 296

プーリー・・・こちらの部品も消耗はしていますがフェイス面に特に大きな段差が出来てしまっている訳では
ありませんので再使用していきます。
画像 297画像 298

ドライブベルト・・・こちらのベルトが切れてしまうとエンジンの始動は出来ても走行はできない状態となります。
交換の目安は15,000km~20,000kmが交換時期です。

あらためて言いますがこちらの車両59,044kmです・・・
画像 291

さすが59,044km走行してくれただけあって切れる寸前です。
画像でも判るようにヒビヒビです。
画像 294画像 295

新品に交換です。
ベルトを新品に交換した場合、最初慣らし運転が必要となります。
最初から急激なスロットルで走行しますとベルトが1部分伸びてしまったりと問題が起きますので気をつけて下さい。
画像 314画像 316

フロントブレーキ・・・
画像 299画像 300

ブレーキキャリパー・・・
画像 301画像 302

ブレーキキャリパーのピストンはギリギリまで出して清掃、磨きを行い新たにグリースを塗布していきます。
グリースを塗布した後ピストンを押し戻していきます。
ピストンは手で押し戻せる状態がベストな状態です。
ピストンの動きが良くない場合はブレーキの効きに影響を及ぼしますので
ピストンを引き抜きブレーキキャリパーのO/Hが必要となります。
画像 303画像 304

ブレーキパッド・・・
画像 308

リアのブレーキシュー同様にブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為に
ブレーキパッドの角は削り落としてあげます。
画像 309画像 310

ブレーキフルード・・・ブレーキフルードはオイル同様に年月と共に酸化して性能が低下していきますので
定期的な交換が必要となります。
画像 305画像 306
画像 307画像 311

お待たせ致しました。
ありがとうございます。

津田沼店:ササキ




1月のセールキャンペーン!! 
ブリヂストン・ダンロップ・IRCの
国内3メーカーのタイヤが50%OFF!!

1月31日までのキャンペーンです。
1月中に注文頂ければキャンペーン対象となります。今がチャンス!!

↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


PROFILE

CLUB ZENITH

Author:CLUB ZENITH


クラブゼニス
・千葉県船橋市宮本9-10-1
・ TEL 047-495-8198


クラブゼニスは1991年の創業以来、お客様への安心と信頼をお届けする事をモットーとして、国土交通省関東運輸局の認証を得た店舗にて、Harley-Davidsonを始め、国内外オートバイの車両販売、買い取り、カスタム車の製作、車検、修理、レストア、金属加工、各種保険などをお取り扱いしております。
みなさまのご来店をお待ちしております。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017