Staff Blog・Event

CLUB ZENITHのスタッフが、技術的なお役立ち情報や日々の出来事・個人的な欲求・各種ネタ等を、赤裸々に綴っております。

Category: [車検整備]国産車

ドラッグスター400クラシック 12ヶ月点検


こんにちはササキでございます。

島様 ドラッグスター400クラシックの12ヶ月点検ご依頼有難うございます。
画像 251

まずはバッテリーの状態をチェック!!
通常時のバッテリー電圧は12.73V・・・12.7V前後電圧があれば問題ありません。
エンジンのかかっている時に発生する電圧・・・充電電圧は14.07Vこちらも問題ありません。
画像 252画像 253

エンジンオイル交換・・・オイル交換は3000kmもしくは6ヶ月が交換時期となります。
今回はオイル交換のみですので次回はオイルエレメントも交換が必要となります。
オイルエレメントの交換はオイル交換2回にたいして1度交換します。
画像 254

ドラッグスターやスティードのオイル交換をされる時には下の画像の工具があると楽に作業ができます。
画像 255

点火プラグ・・・清掃、磨きを行い再使用です。
画像 256画像 257

エアクリーナー・・・
画像 258画像 259

エアクリーナーのエレメントはとてもキレイな状態ですのでエアーブローのみで終了です。
画像 260

リアブレーキの点検整備を行っていきます。
画像 261画像 262
画像 263

取り外したホイールの・・・
画像 264画像 265

ホイール側のブレーキ内部にはブレーキシューの削れカスが少しあります。
キレイに除去していきます。
画像 266画像 267

ブレーキパネル・・・ブレーキシューを取り外します。
画像 268画像 269

取り外したブレーキシューのリンク部の古いグリースや汚れは除去していきます。
清掃、磨きを行い新たにグリースを塗布していきます。
このリンク部の動きが悪いとブレーキの効きに影響を及ぼします。
画像 270画像 271

ブレーキシュー・・・
画像 272

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキシューの角は削り落としてあげます。
画像 273画像 274

フロントブレーキ・・・
画像 275画像 276

ブレーキキャリパー・・・
画像 277

ブレーキパッドを取り外すとブレーキのピストンが現れます。
こちらのピストンもスムーズに作動してくれないといけません。
画像 278画像 279

キャリパーのピストンはギリギリまで出して清掃、磨きを行い新たにシリコーングリースを塗布していきます。
グリースを塗布した後ピストンを押し戻していきます。
手で押し戻せる状態がベストです。
ピストンの動きが悪い場合はキャリパーのO/Hが必要となります。
画像 280画像 281

ブレーキパッド・・・
画像 282

リアブレーキのブレーキシュー同様に
ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキパッドの角は削り落としてあげます。
画像 283画像 284

ブレーキパッドの裏のバックプレートには耐久、耐熱に優れたパッドグリースを塗布していきます。
画像 285

ブレーキフルードの量を確認してエア抜きを行っていきます。
次回の車検時にはブレーキフルードの交換が必要となります。
画像 286

お待たせいたしました。
ありがとうございます。

津田沼店:ササキ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


PROFILE

CLUB ZENITH

Author:CLUB ZENITH


クラブゼニス
・千葉県船橋市宮本9-10-1
・ TEL 047-495-8198


クラブゼニスは1991年の創業以来、お客様への安心と信頼をお届けする事をモットーとして、国土交通省関東運輸局の認証を得た店舗にて、Harley-Davidsonを始め、国内外オートバイの車両販売、買い取り、カスタム車の製作、車検、修理、レストア、金属加工、各種保険などをお取り扱いしております。
みなさまのご来店をお待ちしております。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017