Staff Blog・Event

CLUB ZENITHのスタッフが、技術的なお役立ち情報や日々の出来事・個人的な欲求・各種ネタ等を、赤裸々に綴っております。

Category: [整備・カスタム]ハーレー

1980・FXWGレストア⑤

I様お待たせしました、エンジン腰下修正作業の一部画像です。

画像 299 画像 300

クランクピンのサイドワッシャーとローラーケージが
ガッツリ削れていました。

単純にオイル管理とかの問題ではなく、
前回組立て時、クランクピンのラッピングミスにより偏ってしまった為と思われます。

画像 321 画像 324

画像 305 画像 323

クランクピンラッピング・ビックエンドホーニング・ベアリング合わせ・
スモールエンドブッシュ入れ替え・コンロッド歪み修正などなど・・。


続いてケース修正。

画像 312 画像 331
 
画像 306 画像 307

ケースのセンター出しをして、ピニオン側アウターレースホーニング・ピニオンシャフトラッピング。

カムカバーブッシュの入れ替えはピニオン側はケースに合わせて芯出し。
ピニオンギア・カムギアを寸法取り、バックラッシュを計測してカムブッシュボーリング&ホーニング。
こうすることにより、ただブッシュを入れ替えるよりも、ノイズや動きの良さが抜群に違います。

コンロッド&ピニオンベアリングレースや、
特にクランクケース右側&カムカバーなどは、ある一定方向に大きく歪みが出ます。
いろんな原因が考えられますが、カムからプッシュロッド・バルブスプリングと常に力がかかっていたり、
何より、この重たいクランクを1980年から支え続けてきているので当然でしょうか・・・。

画像 332 画像 330

カムベアリングは左側の社外品が入っていましたが、右側の純正タイプに変更です。
社外品の方がローラー数が多く、より耐加重にと言う考え方でしょうが、ローラーどうしの間隔が狭い為、
小さな異物でも動きが悪くなってしまうのでここは純正を装着します。

続いて追加になったケース面研。

画像 313 画像 317

何があったのか分かりませんが、ベッコリエグれてましたね。
圧縮比の問題もありますので、ガスケットが潰せるギリギリで止めました。

長々とスミマセン。
腰上作業はまた後ほど・・・。

画像 327

船橋店:ハルキ ↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


PROFILE

CLUB ZENITH

Author:CLUB ZENITH


クラブゼニス
・千葉県船橋市宮本9-10-1
・ TEL 047-495-8198


クラブゼニスは1991年の創業以来、お客様への安心と信頼をお届けする事をモットーとして、国土交通省関東運輸局の認証を得た店舗にて、Harley-Davidsonを始め、国内外オートバイの車両販売、買い取り、カスタム車の製作、車検、修理、レストア、金属加工、各種保険などをお取り扱いしております。
みなさまのご来店をお待ちしております。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017