Staff Blog・Event

CLUB ZENITHのスタッフが、技術的なお役立ち情報や日々の出来事・個人的な欲求・各種ネタ等を、赤裸々に綴っております。

Category: [整備・カスタム]ハーレー

ショベル エンジンO/H 途中経過

しばらくブログ更新サボっていました。
気が付いたら9月1日から。

何をしていたかというと・・・、

DSC_0464.jpg DSC_0465.jpg

蜂の巣撤去してました!
何故か死んだハエが出てきましたけど。。。


本題です。

お待たせしておりますU様エンジンO/H。
クランク周りの修正作業が終わりましたのでご報告です。

クランクピンがとんでもない事になってました!(リア側コンロッド部分)
画像 029 画像 032

バラす前は「特に大きなガタは有りませんね~」なんて言ってましたけど、
やはり開けて見ないと分からない物ですね。

クランクピン・スラストワッシャ・ローラーケージ追加交換です。

コンロッドのビックエンドも荒れていたので修正。
スモールエンドもブッシュ打ち換え。
画像 042 画像 033
ここは縦方向に磨耗するトコロです。

画像 046 画像 048
コンロッド歪み修正・ベアリング合わせ。

DSC_0529.jpg DSC_0530.jpg
ピストン&シリンダーは大変な事になってましたね!

ピストン溶けてクリップ外れてシリンダーエグって・・・。
この状態で通勤に一日数十キロ×数ヶ月走っていたのだから、
ハーレーのエンジンってすごいですね!

シリンダーは社外新品に交換ですが・・・、社外品の恐怖。
画像 054
ベース面に歪みは有りませんでしたが、スリーブ部分がスゴイです!
サラッとボーリングしてみたらよく分かります。
どうしたらこのように作れるのでしょうか?

もしもの為にと新品シリンダーに対してオーバーサイズピストンにしておいて正解でした。
ピストンサイズは.005”オーバー。

オリジナル極厚トルクプレートにてボーリング&ホーニング。
画像 055
バッチリです!!

続いてクランクケース修正。
画像 062

レフト+ライトケース&カムカバー。すべて合わせて芯出しを行います。

カムカバーピニオンブッシュの芯出し後、
カムギア・ピニオンギアの寸法・距離を計測してカムブッシュ打ち換え。
正直ここまでしてブッシュの打ち換えするショップは他には無いかと・・・。

少なからずともケース・カムカバー共に歪みは出ます。
30-40年も経ってますから。

ちなみにケースのセンター出しが不十分だと、
どんなにクランクの芯が出ていても、カムギア・ピニオンギアが一致していても、
組み付けた後クランク回したら一箇所微妙に引っかかってみたり・・・と。

ショップそれぞれ考え方や経験に違いはありますが、
ゼニスは20周年スペシャルです!

この後組み付け作業に入ります。

同時進行のミッションO/Hはある程度作業終了しています。
フロントフェンダーの塗装も出来上がりました!

若干作業日程押してますが、もうしばらくお待ちくださいませ。


船橋店:ハルキ ↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


PROFILE

CLUB ZENITH

Author:CLUB ZENITH


クラブゼニス
・千葉県船橋市宮本9-10-1
・ TEL 047-495-8198


クラブゼニスは1991年の創業以来、お客様への安心と信頼をお届けする事をモットーとして、国土交通省関東運輸局の認証を得た店舗にて、Harley-Davidsonを始め、国内外オートバイの車両販売、買い取り、カスタム車の製作、車検、修理、レストア、金属加工、各種保険などをお取り扱いしております。
みなさまのご来店をお待ちしております。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017