Staff Blog・Event

CLUB ZENITHのスタッフが、技術的なお役立ち情報や日々の出来事・個人的な欲求・各種ネタ等を、赤裸々に綴っております。

Category: [車検整備]国産車

クランクシャフトベアリングから・・・

ニャーニャー言ってましたね、クランクシャフトのベアリング死亡です

本日、船橋店に置いてきましたので、このあとハンドルに着手するでしょう!
画像 001

さっそくエンジン降ろしましょ
画像 002

マフラーカバーが邪魔でナットが取れないなぁ、と思ったら・・・・
画像 003

ケイヨーン!
画像 004
けいおんだったらもっと良かったかも。

アジアンなマフラーは最高速落ちますよきっと。

プーリー奥のオイルシールからも漏れてますね、一次圧縮が漏れますのでパワーダウン必死です。
画像 006

リードバルブも端っこが開いてますね、これも一次圧縮が落ちますのでパワーダウン。もちろん新品交換です。
画像 007画像 023

クラッチ側フェイスの溝も段つき磨耗しています。これだと加速にムラが出ます。加速する途中でスピードのノリが悪い区間があったはずです。これも新品に交換しました
画像 009画像 016

シリンダーの排気ポートにもカーボンが固着しています。こういうのが積み重なるとスピードも出なくなります。
もちろんキレイに落としてあります。
画像 011

主原因はこのベアリングですね。
画像 012

ベアリングも新品に交換です。クランクシャフトは少し修正しておきました
画像 013

インストーラーを使って入れましょうね、叩くと修正した意味が無いっすから。
画像 014

ウェイトローラーも少し偏磨耗しているのでいっそ新品に交換しましょう
画像 018画像 019

ドライブベルトはかなり減っていましたね、これも最高速が落ちる原因です。
ただね~、ノギスの力加減といいますか、数値的にはこんなに差があるはずはねぇっす。
画像 020画像 021

でも目視でもこんだけ違います。新品と重ねてみると分かります
画像 022

実はピストンがメーカー在庫無しでして・・・まだ使える範囲で良かったです。
ピストンリングとピストンピン、小端ベアリングは交換してあります
画像 024画像 025

ピストンもシリンダーヘッドも溶剤に漬けてカーボンを落としてから組んであります
画像 026

フューエルランプが点かないのは、このLEDコントローラーが原因でした。
画像 027

あとはハルキにバトンタッチ!

急かしてハンドルをやってもらいましょう!



津田沼店:カネコ
↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


PROFILE

CLUB ZENITH

Author:CLUB ZENITH


クラブゼニス
・千葉県船橋市宮本9-10-1
・ TEL 047-495-8198


クラブゼニスは1991年の創業以来、お客様への安心と信頼をお届けする事をモットーとして、国土交通省関東運輸局の認証を得た店舗にて、Harley-Davidsonを始め、国内外オートバイの車両販売、買い取り、カスタム車の製作、車検、修理、レストア、金属加工、各種保険などをお取り扱いしております。
みなさまのご来店をお待ちしております。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017