Staff Blog・Event

CLUB ZENITHのスタッフが、技術的なお役立ち情報や日々の出来事・個人的な欲求・各種ネタ等を、赤裸々に綴っております。

Category: [車検整備]国産車

スカイウェイブ 12ヶ月点検

先に言っておきます。ピンボケ多いですごめんなさい。

画像 037

まずはプラグを確認。清掃で対応しました
画像 001画像 002

エアエレメントは清掃後、フィルターオイル塗布で完了
画像 003画像 034

走行距離が30000km弱でしたが、ベルトは交換しているとの事ですのでひと安心。
確認しますけどね!

社外品ですか・・・ダメとは言いませんがどうなんでしょう?純正と同じぐらい長持ちしてくれれば良いです
画像 004

クラッチシューはやや消耗、アウターも焼けはありますが今すぐ交換という事ではありません。
センタースプリングが柔らかいですね、もともとなのか、ヘタリなのか。最加速は鈍くありませんか?_
画像 005画像 006

ウェイトローラーの状態は良いですね。問題ありません
画像 007

フェイスも問題があるような偏磨耗は起こしていません
画像 008

プーリーボスはやや渋くなっていましたね。グリスを塗布しなおしてあります
画像 009

けっこう飛ばしてます??
画像 010

駆動系の要交換箇所はありませんでした。

つづいてRブレーキ。汚れてはいますがグリスっ気のある汚れなのでピストンのサビは少ないみいですね
画像 011画像 012

ピストンを清掃し、シリコングリスを塗布したらモミモミして動作確認
画像 013画像 014

パッドピンも清掃してうすくグリス塗布。サビによる消耗はありますがパッドが引っかかってしまうレベルではありません
画像 015画像 016

パッドはまだ使えますので、面取り後に鳴き止めグリスを塗布して完了
画像 017画像 018画像 019

キャリパーサポートのグリス切れで動きが悪かったですね。
パッドが偏磨耗する前に点検できて良かった。
画像 020画像 021

持ち込まれるきっかけになったフロントブレーキは・・・
画像 022
4枚あるうちの1枚だけ異常な減りでしたね。あとで原因がわかりましたが。

キャリパーを外してみたらピストンがひとつだけ出ていました。多少なりともこうなる事はありますがこれは良くない状態です
画像 023

ピストンをひとつずつ出して清掃、こちらもシリコングリスを塗布してモミモミして動作を良くしていきます
画像 025画像 026

パッドは残念ですが1キャリパー分セットで交換になります。新品でも面取り後に鳴き止めグリスを塗布します
画像 027画像 028

清掃の終えたキャリパーに組んで完了!
画像 033

さて、パッドの異常偏磨耗の原因はここにもあったんじゃないかと推測できます

フロントのホイールベアリングがガッタガタ
画像 029

申し訳ない。外してから新たに判明したのですがこの社外ホイール
ダメです。

ホイールベアリングにガタが出てからそうなったのか、もともとの精度が悪いのか・・・
ベアリングがはまる部分にガタができてしまっています。

いっちょまえにJWLの刻印はあるんですが、本当でしょうか??

ボクにはどこのメーカーの製品かわかりませんが、海外製でしょうね。
画像 031

純正品でホイールベアリングがダメになってもここまでホイール側が削れるのは稀です(と言うか見た記憶はありません)緩くなっちゃうのはありましたけど、ガタが出るのはね。

苦し紛れの対応はしておきました。厳しい意見で言うならホイールを純正新品に交換してください。

この状態ではまた同じ症状も起きます。と言うかもっとひどい事になる事も予想できます。

バイクなんて消耗品の塊なんでしょうが、もうちょっと品質の向上した物が出回らないかねぇ。

これから無名海外製ホイールを装着される方は、そのリスクも踏まえて検討してくださいね。

もちろんこの車両のオーナー様はこのまま購入したものだと思いますので知らなくて当然。罪はありません。

どうしてもメッキホイールが良ければ純正品にメッキを掛けて下さい。その方が安心です。
ベアリングの圧入部分はメッキしない方が懸命です。ベアリングにも規格があって、ホイールに圧入されてちょうど良くなる様になってますから。メッキの厚み分、ベアリングが窮屈になっちゃうとそりゃメーカーの想定より早くダメになるでしょうね。

価格の問題もあり、海外製の方が安易に購入しやすいですが、安いのは安いなりのモンです。
苦労するのはお金を出すオーナー様と問題に気づくバイク屋さんのみ!

話が逸れました、すいません。

バッテリーの電圧は大丈夫でしたが、タコ足状態で美しくありません。
画像 035

クーラントの量は適正でした
画像 036

エンジンオイルは交換してあります。次回はエレメントも一緒に交換してください。
画像 038

アッパーカウルを下から覗き込むと・・・ちぎれた配線はあるし、ぐちゃぐちゃにまとめてあるし・・・
もはや12ヶ月点検の範疇を超えています。ご予算に余裕ができましたらトラブルが起きる前に処理したい部分です。
画像 039

ブレーキマスターの窓もバリバリに割れています。漏れていないのが奇跡です。
画像 040
これも海外製でしょう。


百歩譲って海外製の品質の悪さはどうしようもないかもしれませんが、配線の適当さは触った人の問題です。
ハンドルストッパーの近くに適当に配線をまとめるな!HIDのバラストもしっかり固定しておけ!
こんな水準で金儲けしないでくれよ~。

言いたいことは山ほどありますが、オーナー様に責任のあることじゃありませんよ、お金はかかりますけどこれからこのバイクを良くしていきましょう。
できる限りのご協力はします。


津田沼店:カネコ ↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


PROFILE

CLUB ZENITH

Author:CLUB ZENITH


クラブゼニス
・千葉県船橋市宮本9-10-1
・ TEL 047-495-8198


クラブゼニスは1991年の創業以来、お客様への安心と信頼をお届けする事をモットーとして、国土交通省関東運輸局の認証を得た店舗にて、Harley-Davidsonを始め、国内外オートバイの車両販売、買い取り、カスタム車の製作、車検、修理、レストア、金属加工、各種保険などをお取り扱いしております。
みなさまのご来店をお待ちしております。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017