Staff Blog・Event

CLUB ZENITHのスタッフが、技術的なお役立ち情報や日々の出来事・個人的な欲求・各種ネタ等を、赤裸々に綴っております。

Category: [Facebook]

バリオス TEN-KEN


こんにちはササキでございます。
高野様 バリオス12ヶ月点検ご依頼ありがとうございます。

当店で販売した車両ではないですが・・・購入されて半年・・・
パッと見ただけでも購入されて半年なのか・・・?と思ってしまうような消耗具合です。

細かく点検整備していきましょう!!
画像 076画像 077

まずはオイル交換・・・購入されたお店さんでエレメント交換しているのかどうか
分からないとのことですのでエレメントも交換いたします。
オイルは真っ黒でした。
画像 081

バッテリー・・・端子部分に粉がふいています。
サルフェーションと言って劣化してきている証拠です。

このサルフェーションがバッテリーの内部で起き始めている位ならいいですが、バッテリーの外側の端子にでき始めるとバッテリーが弱って来ている証拠です。
このサルフェーションを放って置くと、バッテリーミナルが割れたりして接触不良を起こします。

また、この白い粉(硫酸鉛)は電気を通さないので、バッテリー交換の時にターミナルに粉が付いたままにすると、接触不良になったり、メーターの電気は点くけど、エンジンがかからないなどの症状になる場合があります。
 
この硫酸鉛はお湯に良く解けるので熱湯で溶かす事が出来ますが、お湯がかけられない場合は、手袋を必ずして(素手で触るとピリピリします)、よくはたき、ターミナルの内側をよく拭いて粉がひどいようであれば紙やすりなどで少し磨きましょう。
 

水でも多少は解けるので、たくさんの水で洗い流します。
ボディーに残すと錆の原因になりますので出来るだけ良く流してください。

注意 粉を息で吹き飛ばしたりしない事、目に入ると失明の恐れがあります。
画像 082画像 085

確認してみると異国のメーカーさんのバッテリーが・・・
NEW MAX POWER って・・・名前通りの性能を発揮してくれれば良いのですが!!
画像 084

ユアサ製の新品バッテリーに交換です。
通常時・・・12.88V
エンジンのかかっている時の充電電圧・・・14.50v
充電系統は問題ありません。
画像 126画像 128

ガソリンタンクを取り外して・・・
画像 083

エアクリーナーエレメントの確認です。
キレイな状態ですのでこのまま使用いたします。
画像 087

プラグは真っ黒です。プラグは新品に交換です。
バリオスによくあることですがプラグキャップがちゃんと差し込まれていませんでした。
プラグキャップはカチッカチッと最後まで差し込まないといけません。
画像 093画像 092

次はフロントブレーキ・・・
画像 094画像 095

ブレーキキャリパーのピストンはギリギリまで出して磨いていきます。
購入されて半年でここまでブレーキが汚れることは考えづらいです。
全く整備していないと言ってしまってもよいぐらいです。

購入されたお店の名前は言いませんが・・・本当は言いたくて言いたくて仕方ありませんが・・・言いません!!
同業者として恥ずかしい限りです。
もしこれでブレーキが効かなくて事故など起こしてしまったらこのバイクを販売したお店は
何と思うのでしょう・・・?
ワタクシ怒っております!!
画像 096画像 097

ちゃんと清掃して・・・磨き・・・新たにグリースupして組付けです。
画像 098画像 099

ブレーキパッドが少なくなってきていますので気にしながら走行して下さい。
画像 101

ブレーキフルードはオイル同様に年月と共に酸化していき性能が低下していきます。
左の画像がビフォー右画像がアフター
たった半年でここまで変色することはありません!!
やはり整備されていないんですね・・・ふぅ~
画像 100画像 103

ブレーキフルードのエア抜きもしっかりと!!
画像 104

クーラント交換・・・心配していましたがちゃんと入っていました。
画像 107画像 108

抜いたら必ず入れる!!
画像 109

次はリアブレーキです。
画像 110
画像 111画像 113

フロントブレーキと同様の作業を行なっていきます。
画像 114画像 115

ブレーキの引きずりやブレーキの鳴き防止の為にブレーキパッドの角は削り落としてあげます。
画像 117画像 118

リアもブレーキフルードは交換です。
画像 116画像 119
画像 120

ドライブチェーン・・・
チェーンもヒドイですね・・・キシッキシッしてしまっていて・・・新品に交換です
画像 121画像 122

DⅠD製520VX2をチョイス!!
画像 123画像 124

アクセルワイヤー・・・ワイヤー内部に注油して操作性を良くしていきます。
画像 105

クラッチワイヤー・・・こちらも大変重いクラッチになっていますのでワイヤー内部に注油して
軽く操作できるようにしていきます。
画像 106

KAWASAKI バリオス
こちらの車両は初期型になりますともうすでに20年前のマシンとなります。
お値段で安い物をチョイスしてしまう人がいらっしゃいますが20年近く前のバイクを
メンテナンスもせずに乗るなんて考えただけで恐くないですか?

安かろう悪かろうでは自分の命は守れません!!
バイク屋さん選びを間違えないようにしましょう!!

津田沼店:ササキ




3月は・・・
ブリヂストンタイヤが50%OFF!!
DIDドライブチェーンが30%OFF!!

今がチャンスです!!

↑↑↑↑↑↑↑
クラブゼニスブログはブログランキングに参加しています!!
「拍手」と「ブログランキング」ボタンでポチッと応援をおねがいします!!

↓↓↓↓↓↓↓


PROFILE

CLUB ZENITH

Author:CLUB ZENITH


クラブゼニス
・千葉県船橋市宮本9-10-1
・ TEL 047-495-8198


クラブゼニスは1991年の創業以来、お客様への安心と信頼をお届けする事をモットーとして、国土交通省関東運輸局の認証を得た店舗にて、Harley-Davidsonを始め、国内外オートバイの車両販売、買い取り、カスタム車の製作、車検、修理、レストア、金属加工、各種保険などをお取り扱いしております。
みなさまのご来店をお待ちしております。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2017